フォト
無料ブログはココログ

« アロエの花@都立薬用植物園・温室 | トップページ | 雄しべが動くぞ・ヒイラギナンテンの不思議@植物多様性センター »

2016年2月 8日 (月)

ゴーヤの果肉は甘い?・モクレイシの観察でお勉強@植物多様性センター

7日は第一日曜なので野川公園の植物観察会とバッティング。

さてどちらに。多様性センターのテーマが「春は来た!立春調査団」だったので「やるじゃないか!」と語呂合わせに惹かれてこちらに。

リットン調査団は教科書で習ったけど、はて何だったっけ。

満州国建国に対する国際的な調査団。イギリスのリットン卿が中心で、満州国を正式な国家とは認めなかった。

     bud     bud       bud

園内を回ります。ユキヤナギが一輪、シナマンサクも。

モクレイシがたくさんのつぼみをつけてます。


Dscn0852

職員さんの説明で、また蒙を開かれました。

何で「レイシ」というのか。

実にゴツゴツした突起がある様子がツルレイシに似てるから。

ツルレイシってゴーヤです。イボイボがあります。

「ツル」でも「モク」でもない「レイシ」は何でしょう。

きのこって答えたら、「それもあるけどライチです」

楊貴妃が好んだというフルーツね。

中国料理屋で食べたことあります。

漢字だと茘枝、北京語ではリーチーだけど閩南読みではライチになるそうです。

ツルレイシは南アジア原産で中国には明時代に伝わり、日本には16世紀ごろに伝わった。

沖縄だけじゃなくて九州でも栽培されてたみたい。

綿は苦いけど完熟すると種子の周りの果肉は甘いんだって。

昔はこの果肉だけを食べてたのかな。

ちなみに同じ名前がついてますが仲間ではありません。

モクレイシはニシキギ科、ツルレイシはウリ科、レイシはムクロジ科。

Dscn0844

こちらでも福寿草がいっぱい顔を出してます。

本園(神代植物公園)よりも株数が多くてお花畑になります。

セツブンソウは芽が出たばかり。遅れてます。

あとは深山含笑、オガタマくらいかな。

これにて立春調査団は終了。

またまた勉強になりました。

« アロエの花@都立薬用植物園・温室 | トップページ | 雄しべが動くぞ・ヒイラギナンテンの不思議@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

いつも貴重な情報をありがとうございます。
モクレイシと深山含笑花が同時に見られる時期はありますか。
はるばる出掛けるので、欲張っちゃうのですが。

ゴーヤは黄色く熟してから食べる(舐める)という知人がいます。
確かに甘いですよ。

ぽちさん。一緒というのは難しいでしょう。深山含笑はもう咲き始めているので、あと2、3週間が見頃。モクレイシのつぼみはまだ固い。

植物多様性センターに行ったら学習館で咲いてる花の確認をしてください。受付にはベルがあり職員さんが質問に答えてくれます。時間があれば案内してくれます。

ゴーヤ、熟したやつの種の周りが甘いそうです。やっぱりよく知ってる人がいるんですね。

これまでは黄色くなったのは捨ててました。もったいなかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アロエの花@都立薬用植物園・温室 | トップページ | 雄しべが動くぞ・ヒイラギナンテンの不思議@植物多様性センター »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31