フォト
無料ブログはココログ

« 雀の涙のシモバシラ、霜柱はできてるのに・・@植物多様性センター | トップページ | 突出してた東福岡・高校サッカー決勝@「5本の指に入る」とマチダ »

2016年1月11日 (月)

野川の源流の1つ新次郎池@東経大構内・国分寺市

小金井の貫井神社近くに用事があったのでJR国分寺駅から徒歩。

殿ヶ谷戸庭園に寄ろうと考えたが思いなおして新次郎池に変更。

Dscn0377

野川の源流の1つです。

東京経済大学の構内に豊富な湧水があります。

もっと上流では日立中央研究所、お鷹の道などの湧き水が流入。

ここも「東京の名水57選」に入ってるのに訪ねたことがなかった。

高校同級生の家が近くで何度も通ってますが、その頃は関心もなかった。

守衛さんに断わって入れてもらうのかと思ったら公開地で自由に入れます。

なるほど。国分寺涯線の下から地下水が流れてる。

北澤新次郎学長時代(1957〜1967)に池として整備したので新次郎池。


Dscn0385

湧き水は小川となって道路沿いを流れてますがすぐに野川に注ぎます。

この間、100メートル足らず。野川では小サギやカモがゆったりしてました。

確か友人の家のすぐ前を流れてたはずなのに流れが変わってます。

友人によると、たびたび氾濫するのでまず住宅地をかさ上げ、その後、流れを緩やかなカーブにして蛇行か所を埋め立てたそうです。

確かめてみましょう。向こうの橋の手前です。

昔の流れが埋め立てられ、「湧水の道」になってます。

湧水の道の前に友人の家がありました。これで納得。

友人宅ではお世話になった友人の母上のしのぶ会の相談。

桜の季節に行うことになりました。


Dscn0373

新次郎池の近くではオオイヌノフグリが。

ブルーが出てませんね。カメラのせいです。

実際はもっと青くてお星様みたいです。

近くにはフキもいっぱい。

小川が流れて適度な湿り気があってるのでしょう。

もしかしたらフキノトウ、探してみましたがまだでした。

横浜の方じゃ、もうフキ味噌を作ったなんて話も聞きました。

早く出てこないかな。


« 雀の涙のシモバシラ、霜柱はできてるのに・・@植物多様性センター | トップページ | 突出してた東福岡・高校サッカー決勝@「5本の指に入る」とマチダ »

国分寺市」カテゴリの記事

コメント

貫井神社に寄られたとのことで、
わが家の近くに来られていたのですね。
昨年は雨が多く、貫井神社や新次郎池に流れ込む湧水も
冬になっても衰えません。
武蔵野台地の下に豊富に地下水が貯まっているのでしょう。

湧水の流れ込む辺りは水温が暖かのか、カモが群れています。
青首(マガモ)も良く見られますよ。

芙蓉酔人さんのお宅はそちらの方でしたか。いいところですね。

小学生の頃、貫井神社前のプールに友人が通ってました。湧き水なので井の頭のプール同様に冷たい。

野川も小金井市側は遊歩道、国分寺側はコンクリ護岸。こうも違うのかと市境の橋の上にしばらくたたずみました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雀の涙のシモバシラ、霜柱はできてるのに・・@植物多様性センター | トップページ | 突出してた東福岡・高校サッカー決勝@「5本の指に入る」とマチダ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30