フォト
無料ブログはココログ

« 打ちたてそばで新年会@西国立 | トップページ | まさか、まさかの大逆転@こんなの見たことないとマチダ »

2016年1月30日 (土)

ユキワリイチゲも咲き出した@植物多様性センター

本園(神代植物公園)の山野草園にもあるんですが、まだつぼみもでてません。

Dscn0643

分園のこちらが一足先にこんにちは。

でも寒さのせいか形がヘンです。

  pencil   pencil

小学生がにぎやかにやってきて植物のお勉強。

4グループを職員さんとボランティアさんがガイドしてます。

「この中から種を探してください」

冬の間に種から根が出てる様子を観察してもらうためです。

職員さんが長い根の出たどんぐりを引っ張り上げると

「どんぐりも種なんだ」と男の子。

柿の種は分かるけど、どんぐりは気づかない。

私も同じような事がいっぱいあったような気がします。


Dscn0694

もう1株ユキワリイチゲが咲いてます。

10日ほど前に真っ先につぼみを出してた株です。

日が当たりすぎてたせいか発色が悪い。カメラが悪いのか腕が未熟なのか。

もっと綺麗に撮れたらまた載せますよ。

他にも順調に花茎が伸びてるので1週間もすれば見頃になるかな。

小学生たちは興味深そうにいろんな植物の不思議を教わってました。

こんな授業を受けられる子供たちは幸せだな。

Dscn0604

これなーんだ?

形といい白地に赤みがかった斑点といい、そそられます。

怪獣の赤ちゃんが出てきそうな気がしませんか。

ハランのつぼみです。

地面に接してるので根元をかき分けないと見られません。

ナメクジが受粉の手伝いをしてると思われてたが、ニホンオカトビムシという陸生エビと判明した。

そんなことはこちらでも書いてます。


Dscn0606

開くとどうなるのかというと、こんなになっちゃいます。

その上がつぼみ、さらに上に見えるのがまだ若い花。

ハランの花を知ったのはほんの5、6年前。

根元をガサゴソやりだした友人が「これを見て」

見たことのない花が咲いてました。

だいたい、ハランの根元をかき分けようなんて思わないもんね。


« 打ちたてそばで新年会@西国立 | トップページ | まさか、まさかの大逆転@こんなの見たことないとマチダ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 打ちたてそばで新年会@西国立 | トップページ | まさか、まさかの大逆転@こんなの見たことないとマチダ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30