フォト
無料ブログはココログ

« 驚くなかれフクジュソウが黄金の笑み@神代植物公園 | トップページ | 気持ちよかった大島の無回転シュート@マチダも溜飲を下げる »

2016年1月19日 (火)

原種に近いスイセンざんす@神代植物公園

バラ園と流れの間の舗装された道を行ったり来たり。

右見て左見て、ありましたぞ。

Dscn0495

原種と聞くと気持ちがざわつきます。

真っ先に探してみました。

これがスイセンですか。

そのようでもあるし別の種類のようでもあるし・・・。

スイセンのオータムジュエルという品種。

原種の秋咲きと春咲きを交配したもの。

地中海沿岸が原産ですからスペインやポルトガルに行くと、こんなのが見られるのでしょうか。

日本には昔、中国から伝わった。

近くには別の品種の名札があるから、そのうち芽を出すでしょう。

チューリップの原種という名札もありました。

これも楽しみ。


Dscn0511


葉を持たないランが初めて開花したとの情報で植物会館へ。

デンドロフィクラス・フナリスという名でキューバ、ジャマイカなどに分布。

何が珍しいのかというと、ご覧の通り葉がなく根ばかり。

こういうのを「無葉蘭」と呼ぶ。

と言っても葉がないと生きていかれないので、根に葉緑素があって光合成をする。

そういえば温室に展示してあって、何度行っても花を見たことがなかった。

咲かなかったんじゃ見られるわけないよね。

« 驚くなかれフクジュソウが黄金の笑み@神代植物公園 | トップページ | 気持ちよかった大島の無回転シュート@マチダも溜飲を下げる »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 驚くなかれフクジュソウが黄金の笑み@神代植物公園 | トップページ | 気持ちよかった大島の無回転シュート@マチダも溜飲を下げる »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30