フォト
無料ブログはココログ

« 野川の源流の1つ新次郎池@東経大構内・国分寺市 | トップページ | もうすぐ微笑むよ・深山含笑花@植物多様性センター »

2016年1月12日 (火)

突出してた東福岡・高校サッカー決勝@「5本の指に入る」とマチダ

東福岡のトリックFK。国学院久我山もびっくりしたでしょう。

点差は開きましたがおなじみA大サッカー部OBのマチダさんもゲームを堪能したようです。

       shoe     shoe     shoe


東福岡5-0国学院久我山 

久我山はおしゃれなサッカーをします。

上手いのも確か。

混戦での体の使い方、足の出し方。どれをとっても楽しい。

手塩にかけた感があります。でもそこまででした。

高校生に完成度を求めるのは酷でしょう。

しかし勝負しているのですから、勝ってなんぼです。

libralibra

久我山には何が足りなかったか。得点するための力です。

ゴールを目の前にしてシュートを打つ勇気、決断、踏ん切りがありませんでした。

サイドに展開して中へショートパスで持ち込みます。

これがゴールに対して平行なまま。

相手マークがずれて、一瞬の隙間が見えてもシュートをしません。

準決勝のようにこぼれ球を思いっきり狙うわけでもなし。

なにか意図があってこねくっているかと思えるほど。

縦に鋭く抜け出る選手が居るわけでもない。いわば遊んでいました。

まさかGKまでパスでぬこうと思っていたわけではないでしょうが。

あれだけのパスワークがあるなら、キープしている選手の周りから誰かがほんの数メートル縦に抜け出たら、状況は大きく変わったはずです。

また、サイドでキープした瞬間、逆からゴール前に走り込んで来ても面白かった。

斜めに長い距離を走ればフリーの状態になれます。

やはり短-短ー短だけでは崩せないでしょうね。

相手が強くなれば尚更です。

ただ、都会っ子のひ弱さはありませんでした。

点を取るための強さが足りなかっただけです。

sagittariussagittarius


東福岡。突出しています。

おそらく過去の高校チームでも5本の指に入ります。

パスワークも確か。体が強い。よく走る。鍛え上げられていました。

何より勝つために点を取るという意識が違います。

久我山の頭の中の9割がパスだったとしたら、東福岡は得点することを7もしくは8割くらい頭に描いてプレーしていたのではないでしょうか。

大学生と対戦してもいい勝負するくらいのチームレベルです。

得点差はつきましたけれど、楽しめた高校選手権でした。

                                        マチダ

« 野川の源流の1つ新次郎池@東経大構内・国分寺市 | トップページ | もうすぐ微笑むよ・深山含笑花@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野川の源流の1つ新次郎池@東経大構内・国分寺市 | トップページ | もうすぐ微笑むよ・深山含笑花@植物多様性センター »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30