フォト
無料ブログはココログ

« 闘争心あふれる面構えの植田が値千金のゴール@マチダ推奨の選手です | トップページ | ススキにもシモバシラができてるよ@高尾山 »

2016年1月15日 (金)

そこらじゅうシモバシラだらけ@南高尾山稜の大洞山

タクシーの運ちゃんの話では高尾駅周辺はマイナス6度まで下がったとか。

こりゃ絶好の日和だ。やったぜベイビーだね。

昨年末(12月17日)は”できず”だったので再チャレンジ。

Dscn0426_3

前回と同じ午前8時半に高尾山口駅集合。

ホームから見える屋根や樹木にも霜が降りて白く薄化粧してます。

バスは1時間半後なのでタクシーに分乗。

大垂水のバス停で降りて高尾山とは反対の大洞山を目指します。

快晴なので9時を過ぎると気温が上がってる。融けてないかなあ。

期待と不安が交差しながら登っていきます。

「暑い、暑い」みんなが着込んだセーターなどを脱いでる間に先回り。

あった!第1号発見。

でも数が少ないな。

Dscn0433

写真を撮ってる間に遅れてしまいました。

向こうで「わあ、すごい」の声が。

なるほど、あたり一面がシモバシラの花です。

いくつくらいできてるんだろう。

数えてはいませんが軽く100個はある。もっとかな。


Dscn0443

シモバシラおじさんがいて、登山道から下に下りられるという。

なるほど踏み跡が付いてます。

シモバシラを踏まないように慎重に下ります。

見下ろすよりも見上げた方が形がよくわかる。

いやあ実に面白い。形は千差万別。綿菓子があれば渦巻きもある。

もう夢中でシャッターを切りまくりました。

そこはもう大洞山山頂(536㍍)のすぐ下でした。


Dscn0450

山頂でおやつタイム。お菓子を焼いてきてくれたメンバーからありがたくいただきます。

富士山もきれい。前日は東京でも初雪を観測したので降雪があったのでしょう。

農作業開始の合図とかいう「農鳥」はもう隠れてます。

例年だと4月下旬から5月中旬にかけて7〜8合目に鳥の形が北西斜面に出現。

それがもうできてるとニュースになりました。

         fuji     fuji    fuji

シモバシラをたっぷり見てさてどっちに行くと思いますか。

なんと引き返すのです。

大垂水峠に戻って4分岐から一丁平コース。

展望台でランチの予定です。まだ10時だもんね。

« 闘争心あふれる面構えの植田が値千金のゴール@マチダ推奨の選手です | トップページ | ススキにもシモバシラができてるよ@高尾山 »

八王子市」カテゴリの記事

コメント

ここ数日、やっと冬らしい寒さとなりましたね。
シモバシラを求めて歩いておられるのでは、と思っていましたが、
本場まで足を延ばされたとは驚きました。
その甲斐あって、綿菓子のような見事なシモバシラを拝見しました。

来週、さらに気温が下がるとの予報で、自然観察園に朝行ってみようかと思っています。

おひさしぶりです。
今年も快調ですね~。
散歩人さんのあとをついて、春さがし。

お花もいいけど、
シモバシラ、きれいですね~。
落ち葉の中でダンスした妖精の、スカートの残像みたいです。
自然の造形にうっとり。

寒い中、軽快なフットワークに驚きます。 見習わなくては。

芙蓉酔人さん。

元気な仲間たちと寒さ対策でバッチリ着込んで南高尾を目指しました。

ほとんど訪れる人もなくシモバシラを独り占め。

自然観察園もできてるそうですが開演時間が遅いので融けてることもあります。

植物多様性センターのもできてます。

やまけいさん。本当にお久しぶりです。コメントいただいてないなあと気になってました。

妖精のダンス、さすがに野暮な私と違って、豊かな感性!

高尾山はケーブルを利用すれば我が家から1時間半もかからずに山頂に到着してしまいます。利便性も良くて手軽に楽しめるので人気なんです。

シモバシラ編、まだ続きますのでよろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 闘争心あふれる面構えの植田が値千金のゴール@マチダ推奨の選手です | トップページ | ススキにもシモバシラができてるよ@高尾山 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31