フォト
無料ブログはココログ

« 正月らしく‥梅に松@神代植物公園 | トップページ | 根性なしの初詣@深大寺 »

2016年1月 2日 (土)

勝ちきれなかった浦和・天皇杯決勝@マチダが浦和=阪神説

圧倒的に攻めたんですが浦和はまたしても涙を飲みました。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも首をかしげて浦和=阪神説にたどり着きました。

ホント、そうでも考えないと説明がつきませんよね。

        shoe    shoe     shoe


浦和1-2G大阪 

浦和は阪神です。人気抜群、スターもいる。でもVには縁遠い。

立ち上がりから激しいゲームになりました。

内容より勝負。なんとかタイトルが欲しい浦和。

昨年3冠のガンバは無冠に終わりたくない。

意地をかけたぶつかり合い。どちらも引けないでしょう。

結果は決めるところで決めたガンバに軍配が上がりました。

sagittariussagittarius

天皇杯、これまで沈黙していたパトリックが2得点。

一瞬の隙をモノにした勝負の上手さです。

右サイドで縦に出た短いカウンターパス。

パトリックが突っ走ります。

浦和DFの寄せを振り切ってゴール前に持込みニアサイドにドスン。

右を警戒していた西川は体重が右に寄っていたため反応できませんでした。

パトリックの知り尽くしたシュートです。

2点目は右CKから。槙野との位置取りを制してフリーでボールを受けるとダイレクトシュート。


強烈ではありませんでしたがDFの股間を抜けてゴールに飛び込みました。

パスか、シュートか逡巡なんてしません。

120%の決める意識が結果を呼び込んだとしか言いようがありません。

runrun

キーマン柏木を怪我で欠き、展開力が心配された浦和。

それでも決定的チャンスは圧倒的にありました。

いかんせん決める力が不足していました。

決定力ともまた違う何かです。なんとも言いようがない不思議な現象。

阪神そのものなんです。監督采配なのか、選手の勝負運なのか。

またしても最後に涙です。

嬉しがらせて泣かせて消えた…三橋美智也、ちと古すぎますが哀愁漂います。


ところで関根、泣きっ面に蜂。なぜU23代表に選ばれなかったのでしょう。

スタミナのせいでしょうか。痛恨事にならなければいいのですが。

                                            マチダ

« 正月らしく‥梅に松@神代植物公園 | トップページ | 根性なしの初詣@深大寺 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正月らしく‥梅に松@神代植物公園 | トップページ | 根性なしの初詣@深大寺 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30