フォト
無料ブログはココログ

« 葉が茂っていれば冬ボタン@神代植物公園 | トップページ | そこらじゅうシモバシラだらけ@南高尾山稜の大洞山 »

2016年1月14日 (木)

闘争心あふれる面構えの植田が値千金のゴール@マチダ推奨の選手です

早い時間に先制点を奪ったので慎重になり過ぎた。

ロングボールに引き気味になり危ない場面も何度か。

でも北朝鮮の選手も決めきれません。バックスがきちんと詰めていたこともあり、枠をとらえきれませんでした。

なのでわりと安心して見てました。

A大サッカー部OBのマチダさんは、お気に入り選手の植田のボレーに拍手パチパチです。

        shoe     shoe      shoe


日本1-0北朝鮮 勝ち切った事が大きい。

日本は立ち上がりから、積極的、精力的に動きました。


引いていたんでは体力に勝る北朝鮮に押し込まれるだけ。

まず仕掛けて、あわよくばの気迫だったのでしょう。

監督の意図をよく体現しました。

手強い相手に引き気味だった北朝鮮は受けざるを得ませんでした。

作戦勝ちです。

runrun

僕ご推奨の植田のゴール。

フリーで、しかも高さ勝負でCBから上がっていたのに足でのボレーとは。

面構えがいいでしょ?闘争心が表に出ています。

ドンピシャリのCKを蹴った山中もキックに自信を持っているだけのことはあります。

cancercancer

後半10分過ぎから20分間は完全にリズムを奪われていました。

この間に同点にされていたら、おそらく負けていたでしょう。

向かい風に苦労しながらも、よく凌ぎました。

penpen

手倉森森監督の交代が絶妙。

17分、南野に代えて矢島を投入したのには驚かされました。

しかもいい具合に機能して徐々にペースを取り戻します。

相手の疲れも出てきた30分過ぎからは安心して見ていられたほどです。

ただ、終了直前のFKにはドキッとしましたが。

footfoot

シュートが少ない。守りに入っていた。などの注文が出ています。

しかし、国際試合、日の丸を背負って戦うんです。

そんな理想的な楽しいサッカーなんてやっていられないでしょう。

バルサやRマドリード、マンUなどの魅せるサッカーとは違います。

どんな形であろうと、たとえオウンゴールの1点だったとしても勝つことが全てです。

次のタイ戦でも勝利だけを意識すれば結果はついてきます。


     flair   flair   flair    flair


※毎日新聞14日付け17面。

既にネットやテレビで話題になっているけれど、日本の勝利を「青いイナズマ 白星発進」。

その他のスポーツを目で追っていくと見出しの全てにSMAPのヒット曲の題名が。

解散ニュースと重なった日にお見事!最高のセンスですよ。

歴史に残る紙面です。

大昔から毎日の整理は定評がありました。

伝統は廃れていませんね。

即部数に反映すればいいんですが、話は別なもんで。

                                    マチダ

« 葉が茂っていれば冬ボタン@神代植物公園 | トップページ | そこらじゅうシモバシラだらけ@南高尾山稜の大洞山 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉が茂っていれば冬ボタン@神代植物公園 | トップページ | そこらじゅうシモバシラだらけ@南高尾山稜の大洞山 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30