フォト
無料ブログはココログ

« 続々の花便りオウバイモドキも@神代植物公園 | トップページ | 野川の源流の1つ新次郎池@東経大構内・国分寺市 »

2016年1月10日 (日)

雀の涙のシモバシラ、霜柱はできてるのに・・@植物多様性センター

「できてますか」

「はい、できてます。融けないうちにお早めにいらしてください」

電話に出た方の声も心なしか弾んでる。

Dscn0353

🎶握るハンドル 心も軽く

なんざんすが、すでに日は昇って気温はぐんぐん上昇。

切る風が冷たくないんだよね。恋人たちの、じゃなくて悪い予感が・・。

開門の9時半前に到着。すでに門は開けられていて一番乗り。

職員さんも駆けつけてくれて「ありゃ、融けてる」

確かに根元は湿ってます。さっきまで氷があったのでしょう。

「ここに少しだけ残ってます」

目をこらすと、できてますなあシモバシラ。

わずか2㌢くらいでしょうか。雀の涙よりも大きいか。

ボビー・ソロ「ほほにかかる涙」なんぞが浮かびましたとさ。

東京に初霜がおりた8日はできてなくて、翌9日にようやく氷の妖精が。

職員さんの言うことにゃ11日が気温も下がって狙い目とか。

Dscn0358

隣ではこんなに霜柱が立ってるんですよ。

ひと通り写真を撮って学習館に寄ったら職員さんが早朝の霜柱の様子をプリントして見せてくださいました。

それは2段になって高さが10㌢弱、幅が3㌢くらい。

太陽が上がってから急激に気温が上昇したみたいです。

15分後くらいかな。ご夫婦が見えましたが、もうすっかり融けてしまってました。

難しいもんです。

例年だと11時頃まで見られたりするんですが、今年はやっぱり暖かい。

« 続々の花便りオウバイモドキも@神代植物公園 | トップページ | 野川の源流の1つ新次郎池@東経大構内・国分寺市 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続々の花便りオウバイモドキも@神代植物公園 | トップページ | 野川の源流の1つ新次郎池@東経大構内・国分寺市 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31