フォト
無料ブログはココログ

« 午後でも間に合うシモバシラ@高尾山のもみじ台 | トップページ | 驚くなかれフクジュソウが黄金の笑み@神代植物公園 »

2016年1月17日 (日)

オナイウのスピード、高さ「いいねえ」@日本4−0タイ

やっぱりマチダさんもオナイウに注目してました。父親がナイジェリア人、テクニックもあるし高さ、スピードを備えてます。

      shoe    shoe    shoe


日本4-0タイ 勝って当然、負けたら大変です。

しかし、タイの挑戦的サッカーに気迫負けしていたようです。

タジタジの場面が多く2点目が入るまでは、結構ドキドキでした。

細かなパスミスも目立つし決していい出来とは言えません。

特に味方がボールをキープしている時に、周りに誰も寄って行きません。

2人がかりで囲まれてボールを簡単に失うケースもしばしばでした。

だから起点となる選手が孤立してしまっていました。

パスワークで相手を振り回す回数が少なかった原因でしょう。

縦を意識させた弊害かも。

北朝鮮戦の後、選手が距離感に問題があったような発言をしていました。

2人目、3人目のフォローがないからそう感じたわけです。

みんなが抱いている違和感?は依然解消されていません。

タイがPKを決め2-1にされていたら、微妙な試合展開になっていたかも。

いくら前を急ぐにしても崩しがないことには次の難敵サウジに手こずるかもしれません。

runrun

前半27分、武蔵の先制ゴールはストライカーらしくて僕が見た彼の得点の中では一番良かったかも。

背後から出た遠藤のパスを右に走りながら頭で突ついて落ち際をボレー。

胸を張ってもいいプレーでした。

後半4分の2点目。

矢島のヘッドは左から原川がふわりとゴール前に返したナイスロブでした。

その前に中央やや左で原川が右へ走るオナイウへいいパスを通します。

快足ハーフはそのまま持ち込むとグラウンダーで返しました。

惜しくも中の2人に合わず左へ流れます。

これを原川がフォローして中へ返してゴールに結びつけました。

sagittariussagittarius


オナイウのスピードは浅野と違った魅力があります。

ヘディングも高い。千葉の選手ですがJ1でプレーさせたいですね。

武蔵とともに大化けに期待の一人でしょう。

少々欠点があっても使って育てることも必要です。

試合じゃなければ覚えられないことがありますから。

どうも引き算でしか見ない指導者が多いようで、選手の成長を妨げているように感じてなりません。

チームの成熟度にもよりますが、荒削りなプレーでも光るものがあればチャンスを与えるべきです。

無論それが許されるチームと許されないチームがありますが。

                                        マチダ

« 午後でも間に合うシモバシラ@高尾山のもみじ台 | トップページ | 驚くなかれフクジュソウが黄金の笑み@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 午後でも間に合うシモバシラ@高尾山のもみじ台 | トップページ | 驚くなかれフクジュソウが黄金の笑み@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30