フォト
無料ブログはココログ

« セツブンソウ20株くらい開花@野川公園 自然観察園 | トップページ | 雪にフクジュソウはよく似合う@神代植物公園 »

2016年1月27日 (水)

しびれたロスタイムの劇弾@6連続五輪出場

後半の30分過ぎから日本がボールをキープできるようになりました。

予感がしてました。

GKが弾いたボールを原川が冷静にシュート。ロスタイムの決勝弾になりました。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、武蔵、原川はもちろんですが守備陣の奮闘に注目。

特筆すべき選手に右サイドの明大生室屋をあげました。

      shoe     shoe    shoe


日本2-1イラク やりました!難関突破。

Dscn0676

数少ないチャンスをモノにして掴んだリオの切符。

まさに23年前の悲劇を歓喜に変えたドーハのリベンジです。

武蔵がいい仕事をしました。前半26分の先制点。

左サイドで中島のパスをポンと前に蹴り出し相手を外しながら反転します。

ボールは無人の荒野ともいえるスペースを転がっていきます。

中を固めているDFはクリアに行きたくても、自分の後ろががら空きになるのを恐れて飛び出せません。

快足・武蔵の見せ場。そのまま左サイドをドリブルで駆け上がります。

スピードに乗って斜め前に低く出しました。

footfoot

真ん中にせり上がっていたのが久保。

寸部もたがわぬパスになりました。

相手に挟まれながら右足を投げ出してのスライディングシュートはつま先にかかってゴールへ。

武蔵はタイ戦でストライカーらしい先制ゴール、この試合では素晴らしいアシスト。

ステップアップしているところをアピールしました。

もちろん久保の働きも二重丸です。 


sagittariussagittarius

ロスタイムの劇弾。

原川のPE左外からのミドルは、よくぞ抑えを効かせました。

時間がないこともわかっているので、もっと力が入りますよ。普通は。

冷静でした。心をコントロールできた結果でしょう。

南野のセンタリングをGKが弾いたところに、タイミング良く走りこんでいました。

慌てることなく正確にトラップ。ライナーのシュートはゴール右に突き刺さりました。


runrun


1点は失いましたが、今大会はDFが頑張っています。

相手のミスに救われた面もあり100点とはいかないまでも、80点くらいはつけられます。

何より諦めない姿勢が前面に出ていました。

踏ん張っているうちにツキも味方してくれるようになるものです。

特筆は右サイドの室屋です。

DF主義の手倉森監督も、これほどやってくれるとは思わなかったのではないでしょうか。

1対1でも危ない場面が極めて少なかった印象です。


libralibra


最後に監督の手腕は大きく評価されます。

技術面の他に相当走り込みをさせていますね。

選手のスタミナがどの試合でも相手を上回っていました。それと言葉。

メンタル部分を日本語で伝えられたのも大きい。

トップと違って、このくらいの年代はまだ精神面には脆さが残っています。

なかなか大人になりきれない日本人の弱点を、言葉巧みにリードしているのが見て取れます。


penpen


得てして日本人の指導者は知的イメージを先行させたがります。

手倉森監督はそんなカッコづけより熱さを前面に出しているようです。

どこかの解説者のようオーバー過ぎるのではなく、沸々したものとでもいいましょうか。

毎試合後「痺れた」と口にしていましが、その実プレッシャーを楽しんでいる風でも。

弱音は口にしないタイプ。

チルドレン達は頼もしく感じているに違いありません。

きっと物凄いファイターですよ。

五輪世代を任せるのにうってつけの人選、協会のクリーンシュートです。

fujifuji

決勝は韓国と。

日本にはリオを決めてホッとした感があります。

リラックスして伸び伸びプレーするのか、ダレるのか。

対して韓国は日本に異常なほどに敵愾心を抱いてきます。

U23のアジア選手権でもあり、快勝で締めくくりたいところですが…。

                            マチダ

« セツブンソウ20株くらい開花@野川公園 自然観察園 | トップページ | 雪にフクジュソウはよく似合う@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セツブンソウ20株くらい開花@野川公園 自然観察園 | トップページ | 雪にフクジュソウはよく似合う@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30