フォト
無料ブログはココログ

« もう驚かないけどウグイスカグラも@神代植物公園 | トップページ | 名物ロウバイの小径が早くも見頃@府中市郷土の森博物館 »

2015年12月25日 (金)

キャーッ悲鳴の先にオガタマノキ@植物多様性センター

いつものガイドウォーク。

テーマは特になくて見頃の植物を案内してくれる。

まあマンリョウやセンリョウの赤い実を見ながらオレンジや白、ピンクの実もあるなんて教わってました。

Dscn0163

突然、職員さんが「キャーッ!」。大声です。

とっても植物に詳しくて他の職員さんも一目置いてる方です。

何事じゃい。

「オ、オガタマが咲いてる」

指差す方向を目で追うとなるほど白い花が。

みんなで探して3輪ほど見つけました。

オガタマノキに花がつくのは大体3月初旬。

モクレン科ですから他の木よりも早いんです。

でも年内というのは職員さんにとっても叫び声をあげるくらいの驚きだったんでしょうね。

バナナの匂いがするカラタネオガタマは、オガタマノキが咲き終わった頃でしたね。

オガタマは招霊(おぎたま)が変化したみたいで神社などに植えられてます。

Dscn0153

写真をみてください。

真ん中のギザギザの葉と、その左の丸い葉。

同じ木なんですよ。アマミヒイラギモチ。

丸い葉なのになんでヒイラギの名がついてるのか不思議でした。

ギザギザの方なら名付けた理由がわかりますね。

ギザギザが若い葉。虫に食べられないように触ると痛いように作ってるんです。

古くなって葉に厚みが増すと丸くなる。

触ってみたけどどちらも分厚かったよ。ま、丸い方が厚かったけどね。


« もう驚かないけどウグイスカグラも@神代植物公園 | トップページ | 名物ロウバイの小径が早くも見頃@府中市郷土の森博物館 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう驚かないけどウグイスカグラも@神代植物公園 | トップページ | 名物ロウバイの小径が早くも見頃@府中市郷土の森博物館 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31