フォト
無料ブログはココログ

« 食べてみたいな千住のネギ@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の7回目その2 | トップページ | 千住といえば芭蕉です@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の7回目その3 »

2015年12月 4日 (金)

こんな試合が見たかった。CSにふさわしい熱戦@マチダも大満足

まさかまさかの大逆転劇。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも大満足です。

      shoe    shoe     shoe


G大阪2−3広島 壮烈なゲームでした。

G大阪は浦和戦と同様、前線プレスに出ます。広島がBKラインから組み立ててくるからです。

柳の下のドジョウ狙いだったのかも。

しかも、1トップにはJ1初先発の長沢を起用する奇襲?長谷川プランは功を奏します。

長沢が思いのほかディフェンスで貢献。

ボランチの今野が浦和戦の手応えからか高い位置で動き回ります。

広島に思うような位置取りができないよう追い詰めていきます。

縦勝負のミキッチに走るスペースを与えません。

マークがきつくしたことで、佐藤寿へのピンポイントパスにも狂いを生じさせました。

6割方ゲームを支配しながら迎えた後半、ボディーブローが効いてきました。

footfoot

15分、広島の左サイドから中へのバックパスに狂いが生じます。

方向がややずれ、受けるはずの森崎和が一旦動きかけて、何を思ったか止まってしまいました。

ベテランらしくない大チョンボです。

ほんの一瞬の隙を長沢が突きます。

出足良くインタセプト、そのままゴール左へ蹴り込みました。

BKラインのパスを奪っての先制は浦和のデジャブのよう。

執拗な前線守備の賜物です。

全て計算通りに事が進んでいくかに見えました。

35分に追いつかれても、1分後遠藤のFKからこぼれたボールを今野が右ボレーで叩き込み、再びリードを奪います。

スロービデオで見ると見事に右足首をかぶせた模範的なキックでした。

このまま行けば今野はこのシリーズのMVPだったでしょう。

runrun

ところが、またしても大どんでん返しが待ち受けていようとは…。

全ての歯車がオ・ジェソクの退場で狂いました。

41分自陣で競り合ってファウルをもらいながら感情を制御できず、相手を両手突き。

一発レッドです。

大ピンチでやむを得ない場合のファウルならある程度言い訳がきくでしょう。

しかし、終盤1点をリード、尚且つFKを得ているのです。

無駄というより不可解な心理です。

体も気持ちも120%でも、頭は常に80%こそが勝負の鉄則。

自らをコントロールできない選手は怖くて使えません。

オは浦和戦に引き続き右サイドでいいプレーを続けていました。

強い体、タフネス、堅い守備。地味ながら評価が高かったたのにたった1プレーで帳消し。

自分を見失い勝敗を大きく左右したのですから罰金ですよ。

sagittariussagittarius


11人対10人。

こうなると流れは一気に広島。イケイケドンドン。

後半投入されたスピード選手たちが走りまくります。

浅野、柏は余計なことを考えず、縦に縦にドリブルで仕掛けます。

何を期待されているかを理解し、忠実に実行していきます。

何回も繰り返される高速攻撃。加えてスタミナは十分。

さすがのガンバもあたふた。息が上がってきました。

この時点でロスタイム5分。

必死に逃げるガンバをついに捕まえます。

46分、右サイドのFK。

柴崎が中へ蹴り込まず、意表をついて後ろの青山へ。

ワンクッション置いたことで真ん中にズレができました。

青山のクロスを佐々木が頭で捉えました。

本来なら引き分けでも良かったはず。

しかし1人多い。さらに勝ちに行きます。

積極策が51分に実りました。今野のスローインを森崎和が名誉挽回のカット。

マイボールとしたあと左クロスからのゴール前混戦に。

こぼれ球を柏が決勝ゴール。怒涛の逆転劇。

走れる控え選手を持っている広島は混戦になるほど強みを発揮します。

切り札になりうる手駒が期待通りの働きをしてくれたのですから森保監督はしてやったりでしょう。

守備ラインは地味ですが自陣ゴール前の混戦でも繋げる個人技があります。

なかなのもの。お見それしました。

次はホームです。絶対有利。制覇はほぼ手中だと思えますが、果たして。

libralibra

CSの2試合とも熱い戦いでした。

やればできるじゃあないですか。リーグ戦でも死に物狂いの試合をもっと見たい。

熱量の多い試合が増えれば頭打ちの観客動員にだっていい影響を及ぼします。

試合数が多い事が取り沙汰されています。

協会を含めて試合の質をいかに上げていくか。知恵の出しどころでしょう。

賛否があったCSもいい方向性を示してくれたと言えます。

森保監督、長谷川監督ともに同世代。日本人監督が少しずつ育ってきているようです。

                                マチダ

« 食べてみたいな千住のネギ@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の7回目その2 | トップページ | 千住といえば芭蕉です@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の7回目その3 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食べてみたいな千住のネギ@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の7回目その2 | トップページ | 千住といえば芭蕉です@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の7回目その3 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30