フォト
無料ブログはココログ

« あわやOG・・語り草のバックパス@ここぞで勝負弱い浦和 | トップページ | 貝やウニなどのビオランプ@神代植物公園 »

2015年11月30日 (月)

日本のボケにはトゲがある・クサボケ@神代植物公園の水生植物園

なーんだボケか。特に珍しくもないのでスルーしかけたが待てよ・・。

ちょいと雰囲気が違う。

Img_7751

名札がクサボケ、にわかに学名づいているので、そちらも読む。

Chaenomeles japonica。日本固有種みたいだな。

chaino(開ける)+melon(リンゴ)で裂けたリンゴ。

ナシみたいな実に裂け目ができるみたい。

ただしクサボケは裂けてない。

実は酸っぱいけどいい香りがする。果実酒にもするよ。

全体的にボケよりも小さく丈は50㌢くらい。

なによりも鋭いトゲがある。バラ科ですからね。

実を採るときに気をつけないと刺されそう。


Img_7786

こっちがボケ。中国原産。

花だけみてても違いは分かりません。

そうだね、丈は1㍍50くらいになってるかな。

今ごろ咲いてるから寒ボケでしょう。

中国名の木瓜、もっか、ぼっかからボケになった。

こちらの実の方が大きい。

一緒に植物多様性センターをまわったおばちゃんと子房がふくらんでるのを確認。

実がなるころを思い描いてうなずきあいました。


Img_7722

本園の神代植物公園に移動してタチバナの実ざんす。

常世の国から田道間守が持ち帰った「非時香果」、ときじくのかぐのこのみ。

ありがたーい実がたわわです。

酸っぱいので食用には向いてないみたい。

落ちてるのがあったらかじってみようかな。

タチバナからいろんな柑橘類が作られたんでしょうか。

田道間守はみかんとお菓子の神様になってるんだって。

岩清水八幡では実を3年間漬け込んで橘酒をつくって正月のお神酒用に売ってるんだって。

強い香りと酸味があるそうな。

不老不死になれるかも。


« あわやOG・・語り草のバックパス@ここぞで勝負弱い浦和 | トップページ | 貝やウニなどのビオランプ@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

明日からもう12月、一年の過ぎるのが早いこと。
クサボケは玉川上水の土手で良く見かけます。
一度、実を取って果実酒を作ろうと思っていますが、
その時期になるとすっかり忘れています。

昨日、野川・自然観察園のモミジを見て来ましたけれど、
今年はまだ、葉が青々としています。
先の方は既に枯れてきていて、今年はきれいな紅葉は
望めないかもしれませんね。

芙蓉酔人さん。

今までもクサボケを見てたんでしょうが、ボケだと思って確認してなかったんですね。玉川上水を歩いたら目を凝らしてみます。

ことしの紅葉はどこも半端なようです。先日、養老渓谷に行った人も期待ほどじゃなかったと言ってました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あわやOG・・語り草のバックパス@ここぞで勝負弱い浦和 | トップページ | 貝やウニなどのビオランプ@神代植物公園 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31