フォト
無料ブログはココログ

« アケボノソウを探して・三沢峠〜草土山@高尾山南稜 | トップページ | おばちゃんとムラサキセンブリの撮りっこ@神代植物公園 »

2015年11月 3日 (火)

リュウノウギク改めシロバナアブラギク@野川公園

葉っぱを触ってなるほど樟脳の匂いだと喜んでたのですが・・。

ボランティアさんも誤認してたようで名前が変わりました。

Img_7399

ずっとリュウノウギクと信じてました。

ある日、ボランティアさんも詳しい方に指摘を受けたそうです、違うんじゃないかと。

調べたらシロバナアブラギク。アワコガネギクとの交雑種です。

1日は定例の植物観察会。

ボランティアさんがリュウノウギクを持参して見せてくれました。

なるほど、園内のは葉はアワコガネギク、花はリュウノウギク。

花も小ぶりでアワとリュウノウの中間か、それより小さい。

神代植物公園、植物多様性センターでもリュウノウギクが咲いてるから葉を確認してみよう。

それにしてもシロバナアブラギクなんてネーミングはいただけない。

何とかならないか。


Img_7350

こっちがアワコガネギク。

今を盛りと小道にはみ出してます。

夏の日射しより赤っぽい秋のやわらかな日にあってます。

アワもリュウノウもどちらも同じキク属。

なので交雑しやすいんだそうです。

最近ちょっとキク科が分かるようになってきました。

キク属とシオン属では頭花が異なってます。

シオン属はシオンみたいに頭花がもじゃもじゃしてる。


Img_7400

ムサシアブミの実が色づいてます。

11月に入ったから晩秋です。

今は東八通りを越えた本園のカツラの紅葉が見ごろ。

醤油の匂いという人もいますが、わたしの鼻はカラメル。

話はかわって、ことしは果物がおいしいと思いません?

猛暑が糖度を高めたんでしょうか。

せっせと食べてます。


« アケボノソウを探して・三沢峠〜草土山@高尾山南稜 | トップページ | おばちゃんとムラサキセンブリの撮りっこ@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

シロバナアブラギクで今年の観察園の花も見納めでしょうか。
結局、キク科の花は見分けるのが難しく覚えるのをやめました。
地面にはもうスイセンの葉が伸びていますね。
秋の高い青空では、鷹(ツミ)がハトの群れを襲っていました。

芙蓉酔人さん。

年が明けるとロウバイの香りに包まれて、そのうちにセツブンソウが小さな花を開かせる。

木枯らしの中、花追い人は春のことばかり思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アケボノソウを探して・三沢峠〜草土山@高尾山南稜 | トップページ | おばちゃんとムラサキセンブリの撮りっこ@神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31