フォト
無料ブログはココログ

« ふーん、三菱鉛筆は三菱グループじゃないんだ@外苑西通り散歩 | トップページ | 才能開花の広島ドウグラス@マチダのJ »

2015年11月 7日 (土)

嵯峨菊と肥後菊に惹かれた@新宿御苑の菊花壇展

せっかくの菊花壇展なのでやっぱり順路通りに回ってみました。

Img_7453_3

手前が嵯峨菊です。

京都大覚寺境内にある大沢の池の菊ヶ島で見つかったという。

これを嵯峨天皇に見てもらったので嵯峨菊。

菊の伝来は奈良時代末のようだから平安時代初めの嵯峨天皇のころに早々と変異したとは考えづらいですが・・。

大覚寺はもともと嵯峨天皇の離宮で嵯峨御所だったんですか。うといもんで知りませんでした。

大覚寺統(南朝)なんて言葉も久々に思い出しました。

嵯峨天皇が菊ヶ島の野菊を手折って器にいけたことから、生け花発祥の寺でもあるそうです。

Img_7458_2

おばちゃんが「これひとつの株なの。すごいすごい」興奮してました。

鉢をのぞき込むと茎は1つです。こんなことができるんだ。

「大作り花壇 一株から数百輪の花が咲くように仕立てる御苑独自の技法です」と説明板。

秋口に挿し芽をして冬は温室。灯りをつけて花芽をつくらないようにします。

その後、枝を伸ばすように育て、芽は摘んで枝数を増やしていきます。

こうして9月には各枝に1個ずつつぼみがつくようにしていく。


Img_7467

こちらは肥後菊。

江戸時代の中期に藩主が園芸を奨励。肥後菊の栽培は武士の精神修養とされた。

肥後菊の花壇は前・中・後列と3列にして高さも低・中・高に配することで全体の調和を図るのが肥後菊花壇の決まり事。

全体を撮らないで低いのだけをピックアップしてしまいました。

肥後もっこすに怒られるかな。


« ふーん、三菱鉛筆は三菱グループじゃないんだ@外苑西通り散歩 | トップページ | 才能開花の広島ドウグラス@マチダのJ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふーん、三菱鉛筆は三菱グループじゃないんだ@外苑西通り散歩 | トップページ | 才能開花の広島ドウグラス@マチダのJ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31