フォト
無料ブログはココログ

« 嵯峨菊と肥後菊に惹かれた@新宿御苑の菊花壇展 | トップページ | カワラノギクは「一回繁殖型の多年草」@植物多様性センター »

2015年11月 8日 (日)

才能開花の広島ドウグラス@マチダのJ

広島がガンバを寄せ付けずに優勝へW王手です。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは広島の選手育成力に感心しています。

    shoe   shoe   shoe


G大阪0-2広島 広島の圧勝でしょう。

前半からボール支配はガンバ。

しかし、持たせておいて、肝心の中央守備にがっちりカギをかけていました。

外を効果的に使ってこないと踏んでの布陣です。うまくはまりました。

細かなダイレクトパスをつながれても人口密度が高いので、だれかしらが飛び込めます。

まして時たま放り込んでくるガンバのクロスも精度がイマイチ。

走り込む選手も少なくピンチに陥るほどではありませんでした。

攻撃は奪ったら素早く周りが縦に反応していました。

長いパスでゴール前に迫ります。

もう数センチの惜しい場面が何度も。ゴールの匂いはプンプンしていました。

sagittariussagittarius

後半10分です。PE右外45度のFK。

ドウグラスが左足で豪快に蹴り込み先制しました。

強くしかもカーブがかかって落ちて左隅を抉った一撃にGK東口も反応しきれません。

それどころか逆を取られた格好で無理をしたのか右足を負傷、交代を余儀なくされました。

ドウグラスはなんとプロ初のFKだつたとか。

恐ろしいですねブラジル人の潜在的技術って。これで18点目。

2010年に来日、活躍の場は主にJ2で徳島、京都と渡り歩いた。

それでも大して注目されていませんでした。今季移籍して才能が開花したといえます。

184㌢でジャンプ力もある。広島は育てるのがうまいチームです。

runrun


ガンバは守りを固めた広島を崩しきれないまま。

マイボールにしても前線に駆け上がる選手の人数が足りず広島の守備網に引っかかっていました。

うまくいかない欲求不満からか、パトリックが冷静さを欠いていたようで、宇佐美とのコンビネーションがないまま荒いプレーに終始していました。

その宇佐美も何度かシュートを放ったものの、ヒットしません。

後半35分にはロングフィードにうまく抜け出しフリー。

右45度からの決めなくてはいけないチャンスを外してしまいます。

このところ天才児らしからぬプレーが目立ち下降線です。

好不調の波が大きいともいえるわけで、絶対的エースになり切れない原因かもしれません。

自信を失いかけているようです。
                                                                     マチダ

« 嵯峨菊と肥後菊に惹かれた@新宿御苑の菊花壇展 | トップページ | カワラノギクは「一回繁殖型の多年草」@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵯峨菊と肥後菊に惹かれた@新宿御苑の菊花壇展 | トップページ | カワラノギクは「一回繁殖型の多年草」@植物多様性センター »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30