フォト
無料ブログはココログ

« 季節外れの・・・シャクナゲ、つつじ@神代植物公園 | トップページ | 弁天池で外来魚の捕獲作戦@井の頭池のかいぼり »

2015年11月21日 (土)

徳川三代家康、秀忠、家光が広めた椿@神代植物公園

江戸の町民の不満をそらすために8代将軍吉宗が各地に花見スポットをつくったのはよく知られた話。

王子飛鳥山と品川御殿山のサクラ、隅田川堤のモモ、サクラ、中野のモモ・・。

中野は桃園川に名前が残ってます。

Img_7597

てなことは全く考えずにツバキ園へ。

ツバキって2200種も日本にあるんだって。

神代植物公園には約260種が植えられてる。

とてもじゃないが見分けるなんて不可能。

ただ楽しむだけです。

いつもこれにレンズを向けてしまう。乙女椿。

恥じらうような小ぶりな花と色あいが好ましい。


Img_7591

そもそも家康が大の園芸好き。

江戸に移ると駿府で花の管理を任せていた僧の芥川小野寺(あくたがわ・おのじ)を呼び寄せ、二の丸で花の管理を任せた。

そのときにツバキを集めさせた。

2代秀忠もツバキ好き。斑入りの珍花、広島ツバキを手に入れている。

3代家光もツバキと盆栽を好んだという。

このため大名たちもこぞって珍しい花を献上、屋敷にも庭園を造って楽しんだ。

薩摩藩はハイビスカスやジャスミンを献上したんだそう。

→写真は玉芙蓉という種類。


Img_7592

これはサザンカ。種類は書いてありません。

原種に近そう。

花が平開してて、つぼんで咲くツバキとの違いが分かります。

葉を光にかざして葉脈の黒いのがサザンカ。白いのがツバキ。

葉にギザギザが目立つのはサザンカ。

花びらが分かれて散るのはサザンカ。ツバキはぼとっと落ちてます。


« 季節外れの・・・シャクナゲ、つつじ@神代植物公園 | トップページ | 弁天池で外来魚の捕獲作戦@井の頭池のかいぼり »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節外れの・・・シャクナゲ、つつじ@神代植物公園 | トップページ | 弁天池で外来魚の捕獲作戦@井の頭池のかいぼり »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30