フォト
無料ブログはココログ

« 弁天池で外来魚の捕獲作戦@井の頭池のかいぼり | トップページ | 親切にリュック掛けが備えてあるよ南高尾縦走@大垂水〜高尾山口・前編 »

2015年11月23日 (月)

広島に利もどうなる年間チャンプ@マチダも興味津々

やっぱりガンバが滑り込みセーフでチャンピオンシップ出場を決めました。

FC東京は鳥栖と引き分けて出場を逃してしまいました。

わが家の息子はがっくりして味スタから帰宅。サッカーの話はしませんでした。

さてどこがチャンピオンシップを制するのか。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、一応安定感のある広島とみてますが・・。


      shoe    shoe    shoe


トップ3が大量得点。

広島5—0湘南 浦和5−2神戸 G大阪4−0山形。モチベーションの違いでしょう。

Img_7691


広島 一番安定しています。ミキッチは走らせたら早い。

自ら抜いてというより、出されたパスに追いつく能力はJの中でも3本の指に入るでしょう。

前半24分の先制点は、右サイドのロングランから生まれました。

湘南のDFを完全に引き離して折り返します。

中にはドウグラスが待ち構えていました。

この試合でハットを達成して今季21得点としたストライカーは自ら弾みをつけるゴールをあげます。

1分後、青山のミドルというよりロングに近いシュートで試合は決まりました。

センターラインとゴールラインの中間あたりでパスを受けます。

周りには誰もいません。

マークもいない、スカスカな状態で思い切りゴールを狙います。

抑えが効いてGKの左手前一番セーブしにくいところでバウンドしたボールはゴール左隅に消えました。

前半終了間際、佐藤寿が歴代1位、ゴン中山に並ぶ157ゴールを決め手華を添えます。

emptyempty

走力で対抗しようとした湘南はマークが甘い。

走るだけでは勝負になりません。

足を生かすにも、もっと密着した守備をしないと好きにプレーされていまいます。

技術があるチームを野放しにするとて痛い目に遭うという教訓です。

runrun

浦和 前半の2、9、13分とたたみ込んだ速攻は鮮やかすぎます。

特に2点目。右中盤から関根からパスを受けた高木がそのまま縦に出します。

相手と競り勝って抜け出た李が左足でダイレクトゴール。光速の攻めでした。

と、ここまでは安心していたところ、持病が出ます。

パタパタと2点を返される始末。

前線、中盤でのチェックが甘い。

特に高木はスタミナがないのでしょうか。後半はサッパリでした。

DFの脆さでハラハラはさせたものの、年間王者への執念で2点を重ね突き放しました。

bellbell

レッズっ子、鈴木啓太の引退。

そんな年になるのかと感慨にふけったところ、まだ34歳、もったいないような気もします。

五輪代表からの言われなき落選が思い出されます。

腐らず日本代表の座をまで登り直した執念に敬服します。

scorpiusscorpius

G大阪 CS出場へ勝つしかない状況。流石です。

宇佐美が2点に絡みました。それはそれで、評価されるべきです。

しかし後半戦を振り返れば、ゴールが少なすぎます。

マークがきつくなったからなのか、調子が上がらなかったのか。

才能からしたら物足りません。

diamonddiamond

現在の力からすると広島の安定感がやや有利ではないでしょうか。

嵐のように攻め込む浦和は前にかかっている分、背後に弱点があります。

イケイケで押し切れるか。

試合の上手さではG大阪。大どんでん返しを企んでいるに違いありません。

不気味。
                                     マチダ

« 弁天池で外来魚の捕獲作戦@井の頭池のかいぼり | トップページ | 親切にリュック掛けが備えてあるよ南高尾縦走@大垂水〜高尾山口・前編 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弁天池で外来魚の捕獲作戦@井の頭池のかいぼり | トップページ | 親切にリュック掛けが備えてあるよ南高尾縦走@大垂水〜高尾山口・前編 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30