フォト
無料ブログはココログ

« おばちゃんとミゾソバ談義&蝶の求愛@野川公園 | トップページ | アカネの花は赤くない・赤根ですから@野川公園 »

2015年10月 1日 (木)

ひとつ目小僧が見つめてる・ゴンズイの実@植物多様性センター

この時期は鳥との競争です。

早く撮らないと先に食べられちゃう。

Img_6491_2

赤いガクに黒い実がひとつ。

ひとつ目小僧なんだけど、どことなくユーモラス。

ゴンズイの実です。ミツバウツギ科ゴンズイ属。

魚のゴンズイからつけた名前で、どちらも役に立たないからーーとの説もある。

黒い実が2つになるとミッキーマウスの木(オクナ・セルラータ)になります。

2つの実が耳に見えるのでミッキー。

温室がある植物園ではたいてい植えられてます。


Img_6501

こちらはツリバナ。実も赤です。

花茎を伸ばして目立たせてます。

ニシキギ科でニシキギやマユミが仲間です。

赤くはならないけど実のつき方は似てます。

鳥は赤を好むが紫はさほどじゃないらしい。

なのでムラサキシキブの実は遅くまで残ってます。

少しずつ食べてもらって、さまざまな場所に散布してもらう作戦のようです。

賢いねえ。


Img_6504

2、3㍍近づくとさわやかな香りが漂います。

あー、これは森の香りだと森林浴気分。

正体は榧(かや)の実でした。

ガイドウォークで職員さんに教えてもらうまで気づかなかった。

嗅覚も衰えてるんですね。

きめ細かい木目とほどよい堅さから碁盤や将棋盤に使われる。

また水に強く腐りにくいので家の土台、風呂桶に、殺菌作用もあるためまな板や箸などにも適してる。

「榧の木祭り」(高木修三)という小説があります。1977年下期の芥川賞受賞作。

榧の木を神とあがめる集落では榧の実を集める祭りが行われる。

食糧なんです。

惹かれる内容なので図書館で借りてこよう。


« おばちゃんとミゾソバ談義&蝶の求愛@野川公園 | トップページ | アカネの花は赤くない・赤根ですから@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

あ!これこれ!
“ツリバナ”って言うんですね~♡
軽井沢に行ったら、あちらこちらに赤い可憐な実が下がっていて、「何ていう名前なの?」と同行者と写真を撮ったばかりです。

桂の落ち葉も良い香りがしていたので、
散歩人さんに教えてもらったと、同行者と香りを楽しみました♡

通りすがりのおばちゃん。

軽井沢ではあちこちで見られるようですね。目立ちますよね。

そろそろ野川公園のカツラ、落葉してるでしょうか。軽井沢は少し早いんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おばちゃんとミゾソバ談義&蝶の求愛@野川公園 | トップページ | アカネの花は赤くない・赤根ですから@野川公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30