フォト
無料ブログはココログ

« 黄花、白花、台湾・・ホトトギスいろいろ@調布市野草園 | トップページ | 道ばたで気になるセンダングサとアメリカセンダングサ@野川公園 »

2015年10月 5日 (月)

これならスクナビコナも乗れそうだ・ガガイモの実@神代植物公園

大きなガガイモの実ができてました。

Img_6699

中に綿毛が詰まってます。

タネは綿毛の先についていてタンポポみたいに飛んでいきます。

綿毛を集めてふとんに入れたというが集めるのが大変だったでしょう。

裁縫の針山や朱肉だっら足りそうです。

縦半分に裂けた様子はまるで丸木舟。

なのでスクナビコナが、この舟に乗って海の彼方からやってきた。

とっても小さな神様ですから、ガガイモ舟に乗れるんです。

そしてオオクニヌシと一緒に国づくりをして常世の国に帰っていった。


Img_4873

参考までに花の写真も。6月末ごろに咲きます。

花はたくさん咲きますが実はわずかしかつけない。

今のところ2つしか確認してません。

「ガガ」はカガミのことともいうが、よくわかりません。

水草にガガブタというのもあります。

共通点は花に毛がもじゃもじゃ生えてることかな。


Img_6691

つぼみの状態だとミゾソバに似てますが、茎を触ってみれば一目瞭然。

逆トゲがざらざらするのでアキノウナギツカミ。

葉も違いますがね。どちらもタデ科イヌタデ属。

同属のママコノシリヌグイの花も同じようですね。

見たことはありませんが5、6月に咲くウナギツカミに対してアキノ。

アキノはツル状に茎が伸びて寄りかかっていて、葉が長被針型。

ミゾソバはホコ型、別名うしのひたい。

ママコは三角形。


Img_6592

ヤマハッカの花つきが例年よりいいみたい。

ハッカとついてますが香りはしません。

メントールも含んでません。

シソ科でもヤマハッカ属になっててハッカ属とは分かれてます。

ヒキオコシ、アキチョウジなどが同じ仲間です。

ニホンハッカも湿地にありますが、もう花は終わってます。


« 黄花、白花、台湾・・ホトトギスいろいろ@調布市野草園 | トップページ | 道ばたで気になるセンダングサとアメリカセンダングサ@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄花、白花、台湾・・ホトトギスいろいろ@調布市野草園 | トップページ | 道ばたで気になるセンダングサとアメリカセンダングサ@野川公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31