フォト
無料ブログはココログ

« 口臭予防にナギナタコウジュ@野川公園 | トップページ | 清少納言も「いとをかし」リンドウ咲いたよ@植物多様性センター »

2015年10月12日 (月)

やっと開花のオヤマボクチ&ダリアいろいろ@植物多様性センターと神代植物公園

いつ咲くんだろうとずっと待ってました。

つぼみに気づいたのは8月中旬だったか。

それから2カ月近く、この状態で開花のようです。

なんの花かって?オヤマボクチです。

Img_6903

トゲの先からシベが出てるでしょ。

こうなりゃ開花宣言してもいいでしょう。

シベの周りにあるのが糸状の花弁かな。

とするともっとイソギンチャクみたいに伸びてくるみたいだ。

最初に見た時はトゲトゲの緑色。

すこしずつムラサキになってきて、みんなでいつ咲くんだろうと話してたんです。

ホクチは火口。葉の綿毛を火をつけるのに使ったことから。

オヤマは雄山と書いてるようですが、詳細は知りません。

土地によってはヤマゴボウと呼んで根を漬け物にします。

綿毛がそばのつなぎに使われるのは有名です。

     maple    maple     maple

本園の神代植物公園ではバラフェスタでにぎわってますが、ダリアも見ごろです。

いろんな種類があるんですね。見なれないのを紹介します。

↓ホンカ。これがダリアとは思えません。


Img_6867

↓アルペンビル。まっ白な花弁の先の薄紫が気品を添えてる。


Img_6872

↓テスブルック オードリー。ダリアはメキシコの原産で19世紀にスペインに伝えられた。

日本にはオランダから幕末に入ってきた。数えきれないほどのバリエーションがあるみたい。


Img_6875


« 口臭予防にナギナタコウジュ@野川公園 | トップページ | 清少納言も「いとをかし」リンドウ咲いたよ@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

“オヤマボクチ♡”
以前、東京美術倶楽部で見た、ハバヤマボクチの深い紫色が忘れられずにいるので、早速探しに行ってきました。

オヤマボクチは多様性センターなのですね
早とちりして植物公園の方をウロウロしてしまいました、
私のことだから、植物公園にあったとしても見つけられなかったとは思いますけど(笑)

霧ヶ峰を散策した時にオヤマボクチを見たことがあります。
でも、咲いているところは見たことがありませんでした。
多様性センターにあるんですね。

オヤマボクチをつなぎにに使った「富倉そば」を食べさせてくれる店が
東京では唯一、神楽坂にあって二度ほど行きました。
腰があって、喉ごしのいいそばでしたよ。

10日は武蔵国分寺の薬師堂で年に一度のご開帳があったので行って来ました。
予想していたより大きな仏像で高さ2mあまりの立派な薬師如来像でした。
両脇に日光、月光菩薩を従え、薬師如来を守る十二神将が配置されていて、
これが年に一度しかみられないのは残念です。

3日間で国分寺から野川公園、深大寺と秋の「はけ界隈」を楽しみました。

通りすがりのおばちゃん、ご免なさい。場所が明確じゃなかったですね。

多様性のオヤマボクチは2カ所で咲いてます。1カ所目は東屋の東側。
池との間です。

もう1カ所は、やはり東屋の東で園路沿い。カツラの木の右側です。

なおあしたは平日ですが、月曜祝日の翌日なのでお休みです。

本園のカツラもいい匂いをあたりに充満させてます。


芙蓉酔人さん。神楽坂のお店は勤めているころ何度か行こうとしたのですが賛同者が集まらずにそのままになってます。

ひとりで行ってそばだけじゃなくて、数人で熱燗で小腹を満たしてから食べたいと思ってます。そばより日本酒・・・なんですかね。

そういえば文化財ウイークでした。どこも行ってません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口臭予防にナギナタコウジュ@野川公園 | トップページ | 清少納言も「いとをかし」リンドウ咲いたよ@植物多様性センター »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30