フォト
無料ブログはココログ

« 清少納言も「いとをかし」リンドウ咲いたよ@植物多様性センター | トップページ | 赤い実、青い実・・ハナミズキも鈴なり@神代植物公園 »

2015年10月14日 (水)

珠際に弱くてやっとドロー@マチダも「へたっぴー」と長嘆息

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんが「へったぴー」とDF陣にあきれてます。

相手のプレッシャーがきついとパスも満足に出せない。おたおたするだけ。

本田も香川もボール保持さえできないていたらく。

私は代表全体にへたくそと何度も叫んでました。

     shoe    shoe    shoe


イラン1-1日本 

Img_6929

ハリル監督さん、攻撃の駒探しもいいけれどDFの人材発掘も真剣に考えてくださいよ。

彼さえいればと安心していられる選手が少なすぎます。

前半のロスタイム。吉田がやらかしました。

イラン選手がPE内左でボールをキープ。森重と吉田が囲みます。

相手は背を向けて外へ逃げていきました。

ここで吉田が足を出して(躓いたようにも見えた)PKを献上。

あの場面の危険度は低かったのですから無理をしなくてもよかった。

空気が読めない典型でしょう。

吉田は代表の要です。ただポカが多い。

DF、特に真ん中はセーフティーファーストでチョンボは厳禁です。

downdown

更にPKを西川が渾身のセーブで弾きました。

そのコースが蹴った選手の正面だったことが不運だったとはいえ、日本選手のカバーは完全に出遅れていました。

おそらく決められちゃうだろうな、と半ばあきらめていたのではないでしょうか。

味方のGKを信じないなんて裏切りにも等しい心理です。

西川がこぶしをピッチに叩きつけていた気持ち、分かります。

本来は吉田が一番に反応して、届かないまでも体を投げ出すべきです。

あのシーン、彼はどこにいたのでしょうか。

footfoot

酒井高もパスがへたっぴー。

ミドル、ロングとも正確さを欠きピンチを招くことも。

たまさかのクロスも、ただボールを放り込むだけにしか見えませんでした。

ことごとくヘディングで競り負けているのに、芸がないというか単純過ぎます。

あれでは相手の思うつぼです。

日本がヘディングに弱いことを知っていますからね。

解説の闘莉王も言っているように、ヘディングは高さよりタイミングです。

どうやったらジャストジャンプができるか。もっと研究の余地ありです。

ターゲットになる選手の頭を狙うのではなく、助走がつけられる2、3歩前に上げるのも一つの手でしょう。

runrun


武藤の同点弾はもうけもの。

それより中央を抜け出しGKと正対した場面、何でシュートを打たないの!。

もう1回持ってGKをかわそうとしたため間が詰まってしまいました。

抜き去ろうとしたのでしょうが、ドリブルも大きすぎます。

悔やまれる判断です。

柏木は視野も広くパスを散らせらっれるので、一味違いました。

宇佐美ねえ。ディフェンスに追われていただけです。

どうも相手が強いと力が発揮できません。何かが足りないのでしょう。

守りから攻撃に移るスタミナなのかなあ。

結果だけ見れば引き分けは上等。しかし、親善試合です。

相手にも緩さがありました。真剣勝負だったらどうなっていか。

t-shirtt-shirt
 
※ラグビー。3勝しながら予選敗退。

しかし、これだけ惜しまれ、感動を呼んだのは魂の闘いがあったからです。

今後、注目が集まります。世界の強豪国も対策を練るでしょう。

エディHCが危惧しているように、更にチーム力を上げていかないと、19年のベスト8はまたぞろ夢になってしまいます。

上げ潮ムードに乗っているうちの強化策にかかっています。

舵取を取るトップの責任は重大です。

選手は自信をつけています。今が大飛躍のチャンス。

心配なのは協会のエリート臭です。謙虚に取り組んでこそですよ。
                                                     マチダ

« 清少納言も「いとをかし」リンドウ咲いたよ@植物多様性センター | トップページ | 赤い実、青い実・・ハナミズキも鈴なり@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 清少納言も「いとをかし」リンドウ咲いたよ@植物多様性センター | トップページ | 赤い実、青い実・・ハナミズキも鈴なり@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30