フォト
無料ブログはココログ

« 鷲(わし)と書いて「おおとり」と読むこれいかに・・鷲神社@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の6回目その3 | トップページ | タモリが富士山ならこっちは東京で最も低い山・待乳山@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の6回目その5 »

2015年10月31日 (土)

「たけくらべ」が分かったような気に・・樋口一葉記念館@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の6回目その4

お酉さまの鷲神社から北へ6、7分も歩けば竜泉寺町(現台東区竜泉3丁目)。

どこかで聞いた地名だなあ。ぼんやり考えてたら「樋口一葉旧居跡」の案内板。

そうだよなあ。すっかり脳ミソがふやけてきてます。

Img_7282

旧居跡近くに記念館があります。

「たけくらべ」が発表されてことしで120年なので特別展示は「たけくらべ」の世界。

中原淳一ペン画のポスター。美登利と信如、そして正太郎。

少し思い出してきたぞ。その昔にざっと読んだか、教科書で習ったことどもが像を結んできそう。

中ではまずビデオ鑑賞。

あらすじと登場する地を紹介してくれます。

15分ほど見た後はすっかり作品を理解した気分。

館内は30分ほどの予定でしたがみなさん熱心で1時間近くも見学してしまいました。


Img_7285

一葉といえばこれは押えとかないといけません。

吉原大門の近くにあった見返り柳。

かつては山谷堀の土手にあったが、代も変わり少し離れたところに移植されてます。

堀から猪牙舟に乗り込む前にニヤニヤしながら大門を振り返ったんでしょうな。

左手のGSを左に行ったところが大門跡です。

旧吉原の街区も通り抜けてきましたよ。

その手の店が林立してるイメージでしたが、それほどでもなかった。

通りが違ったんでしょうか。


Img_7287

吉原帰りとしゃれて山谷堀を抜けて隅田川。

その前に六地蔵の東禅寺。

旅の安全を願って6街道の出入り口に置かれた。新宿、品川は見たことがあります。

夫婦らしき像がちょこんと座ってる。

あんぱんの木村屋を創業した木村安兵衛、ブン夫妻でした。

東禅寺に2人のお墓があるそうです。墓域には入れません。

パンを食べる習慣のなかった日本人向きに苦労してつくたのがあんぱん。

明治8年、天皇にもお茶菓子として献上。桜の塩漬けが乗った「桜あんぱん」だったという。

以来、皇室御用達となって人気を博した。


« 鷲(わし)と書いて「おおとり」と読むこれいかに・・鷲神社@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の6回目その3 | トップページ | タモリが富士山ならこっちは東京で最も低い山・待乳山@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の6回目その5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鷲(わし)と書いて「おおとり」と読むこれいかに・・鷲神社@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の6回目その3 | トップページ | タモリが富士山ならこっちは東京で最も低い山・待乳山@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の6回目その5 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30