フォト
無料ブログはココログ

« 米沢城跡の狭さに上杉景勝、直江兼続の苦労をしのぶ@山形県米沢 | トップページ | 悼む・日本サッカーの父クラマーさん »

2015年9月18日 (金)

開いてみたら・・ショクダイオオコンニャク@神代植物公園

屋外での展示は終了したが、「開き」が見られます。

Img_6418

うわあ、なんとも形容しがたい色をしてます。

気持ちのいいものじゃありません。

すでに悪臭は出してないんですが、なんとも嫌な臭いがポワーンと漂ってます。

しみ込んでいたのが少しずつ発散されてるんでしょう。

長方形の穴は附属体の内部が見えるように植物園が開けた窓。

これ実はショクダイオオコンニャクの仏炎苞。

屋外展示が終わって植物会館に展示されてるんです。

まあ「開き」ですな。

魚は開いて干すとうま味が増すけど、食べる勇気はありません。


Img_6261

立っていた時はきれいな薄黄緑。

レタスというかフレアスカートみたいに附属体を包んでいた。

中をのぞいてみたら、こんな毒々しい色だったんです。

国民の平和を守るって言っても、それはお題目だけ。

中身をひんむけば戦争への道を開いてる安保法案みたい。

こんなふうにたとえたらショクダイオオコンニャクに怒られるかな。

来年の参院選挙までしっかり覚えておきましょう。


Img_6421

真ん中の棒はどうなってるのか。

これは2つに割ってます。

別に骨は取ってないけど二枚下ろし?

赤紫から黒く変色してます。

下(右の方)の白いところが雄しべ。

その下の赤みがかった部分は雌しべ。

自家受粉しないようになっているのでタネはできない。

それで花序を取り去って、こうして展示してるんです。


Img_6411

山野草園に行ったらおばちゃんがヒザをついて撮影してました。

キノコ専門みたいです。

親切に教えてくれたけど忘れちゃった。

アカなんとかと言ってたので、アカヤマタケかな?

黄褐色から橙まで色の変化があるようです。

笠の真ん中が尖っているのが見分け方みたい。


« 米沢城跡の狭さに上杉景勝、直江兼続の苦労をしのぶ@山形県米沢 | トップページ | 悼む・日本サッカーの父クラマーさん »

調布市」カテゴリの記事

コメント

ショクダイオオコンニャクの追っかけ、開きまでレポートしていただいてありがとうございます。
植物園さんもなかなか粋ですね。
臭いの無い画像だけを見ている限りでは、グロテスクでもありません。
それにいたしましても、宴の後まで関心を持ち続ける散歩人さんに比べて、我がミーハー振りが恥ずかしい。

す、すごいですね。
まるで、法案を通そうとする政治家達の腹の中のよう。
これまでの日本の民主主義は崩壊するのか・・・

ここまで、ショクダイオオコンニャクのリポートをするところは、
他には無いでしょうね。
散歩人さんのブログならではです。
結局、私は開花を見逃してしまいました。

ぽちさん。こうして時間が当たってから開きを見ると、なかなかの彩色かな?

しばらく展示していると思いますので時間がありましたらどうぞ。

植物会館1階の奥です。

まだ匂うかも。

芙蓉酔人さん。

根がしつこいんですかね。最後まで見届けないと気がすまない。

素浪人は閑と言うこともありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米沢城跡の狭さに上杉景勝、直江兼続の苦労をしのぶ@山形県米沢 | トップページ | 悼む・日本サッカーの父クラマーさん »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31