フォト
無料ブログはココログ

« パトリックの献身で宇佐美が生きてる@マチダのJ | トップページ | いらっしゃい、見ごろですヒガンバナ@野川公園自然観察園 »

2015年9月15日 (火)

秘境にそばを食べにいく@山形県小国町

新潟県関川村の豪農邸宅の規模に感嘆してからひたすら走って山形県小国町。

秘境のそばを味わいます。

Img_6180

「とにかく山の中、迷わないか心配」

助手席のナビ役は自信なさそう。

国道113号を米沢に向かい「道の駅白い森おぐに」を過ぎたらJR米坂線駅手前を左折。

ここから山道に入っていきます。

なるほど、こんなところに店があるんかいなというくらい。

店があると知らなければ絶対に踏み入れない道です。

対向車ともすれ違いません。

1台だけ下ってくる車がありました。狭い2車線ですからすれ違えません。

親切に路肩で停まってくれました。集落の人でしょうね。


Kaname_map

地図は観光協会のHPからお借りしました。

山の中でしょ。

店の名刺には「道のどん詰まりにあります。途中であきらめずにお越しください」と書いてありました。

どれだけうまいそばを食べさせてくれるのか期待が高まります。

ようやく到着。30分も走ったでしょうか。

これが古民家風の「金目そばの館」。「きんめ」ではなく「かなめ」。

小国町の金目地区。


Img_6186

「ありゃあ、もう来ないかと思って、天ぷらを揚げる人を帰しちゃったよ」

そりゃそうだ。雨の月曜日、時間も午後1時半。

営業は午前11時から午後2時まで。電話しとけば良かった。

里山の天ぷら(350円)食べたかったなあ。

後部座席の2人は、運転手を気遣わずにビール。

突き出しが出てきました。

なんだと思います?

ミョウガの甘酢漬けとごんぼアザミ(モリアザミ)を煮たもの。

これがすこぶるうまい。ミョウガはシャキシャキ、アザミは食感と味付けが抜群。


Img_6187

そばもゆで上がりました。

大盛り(1000円)を頼んだら量が多い。2人前半くらいある。

普通(700円)で良かったな。

写真は4分の1くらい食べてから、あわてて撮ったものです。

ここは町が建物をつくり地元住民が運営。

地元のそばを使った10割そばです。

なるほど周囲にはそば畑、花が一面に咲いてました。

お盆に種を播いたたので収穫は10月初めかな。

「深大寺じゃ初夏と夏に播く2期作してるよ」

「初夏は山菜で忙しいからそばをつくってられない」

なるほど。

週末は遠来の客で賑わっているそうです。雪深いので冬はお休みです。


« パトリックの献身で宇佐美が生きてる@マチダのJ | トップページ | いらっしゃい、見ごろですヒガンバナ@野川公園自然観察園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

三面川の「塩引きの鮭」の次は、「秘境のそば」ですか。
モリアザミの根の部分は「ヤマゴボウ」として味噌漬けや醤油漬けで
よく食べますが、茎を湯がいたものですかね。
そろそろ、北海道の新そばが出回る季節。
想像するだけで、早くそば屋へ行きたくなります。

芙蓉酔人さん。

モリアザミは煮たというより炒めたものでした。歯ごたえが良くてビールのつまみには最高。

そばも10割そば。新そばだったらもっとおいしかったでしょう。

おいしそう~~!
「十割そば」。いいですね~~。
山形までお蕎麦を食べに…なんて、ほんとに贅沢。
このお蕎麦に、ひやおろしをぐいっといけば、もう極楽極楽。

いいな~。お蕎麦、食べたくなりました。

「ラーメン」より「うどん」。「うどん」より「そば」になりました。
そんなお年頃?
もちろん、イチオシは出雲そばです。(笑)

でも、四国にいけば、「おおっ!うどん、うまい!」です。
そこで食べるのがいちばんです。

やまけいさん。

そばの花があしらってあるのが粋でしょ。

薬味に辛み大根おろしがついてて、これがピリッと引き締めてくれました。

出雲そばもおいしいですね。確かお城のそばのお店で食べました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パトリックの献身で宇佐美が生きてる@マチダのJ | トップページ | いらっしゃい、見ごろですヒガンバナ@野川公園自然観察園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31