フォト
無料ブログはココログ

« ほんのりうす化粧のサクラタデ@野川公園 | トップページ | 身近に咲いてたサガミラン(モドキ)@水生植物園(神代植物公園) »

2015年9月27日 (日)

鹿島の猛攻をはねのけた西川とポロリの曽ヶ端@マチダのJ

浦和GK西川が鹿島のシュートをことごとく防ぎました。

代表の正GKになってカンも冴え渡ってきたようです。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは鹿島神宮でのお祓いを奨めています。

     shoe    shoe    shoe


鹿島1-2浦和  鹿島神宮は武神を祀っています。

アントラーズは安倍晴明を呼んで、ここでお祓いを受けなければなりません。

まあ、よくもあれだけゴールに嫌われたものです。

おそらくチーム史上最多の逸機を記録したのではないでしょうか。

立ち上がり3分で簡単に先制します。

浦和の左サイドを突破したカイオが中へ折り返します。

相手DFが引き寄せられた後ろから遠藤が走り込んでダイレクトシュート。

絵にかいたようなゴールでした。

ところが、その3分後に簡単に追いつかれます。

左サイドを宇賀神にえぐられ、高木に押し込まれました。

runrun

振り出しに戻されたものの、圧倒的に試合を支配し続けます。

速いプレスで浦和に前を向いて仕事をさせません。

特にDFのマークがきつく、浦和・興梠を完全に封じ込めました。

DFは1対1のマークも必要ですが、パスの出どころ出し場所を読むことも重要。

ある意味ヤマを張ってでも万が一に備える、

今流でいえば危機管理能力の高さが求められているポジションでもあります。

魔がさした一瞬以外、とにかく浦和の攻撃をつぶしまくりました。

wavewave

攻撃はまさに嵐のよう。

タラレバはないのは承知ですが、ダヴィ、金指、カイオ…普段なら5点くらいは決まっていたのではないでしょうか。

不運もありました。

しかし、浦和ゴール前には西川が立ちはだかっていました。

バー、ポスト直撃を除けばことごとくはじき出された印象です。

typhoontyphoon

9割方押し込んでいた試合。

結局、GK曽ケ端のミスで失ってしまいます。

後半27分、左からのセンタリングにDF昌子が飛びます。

しかしボールに届きません。

その後ろでキャッチをしようとした曽ケ端は前にポロリ。

昌子とかぶってしまい、目測を誤ったとか言いようのないポカです。

痛恨のボールは興梠の前で弾んでゴッツアンの一撃を食らいました。

現役日本代表GKと元との差だったかもしれません。

いいところなしの浦和、我慢の守りが勝利を呼び込みました。

sagittariussagittarius

G大阪3-1柏 宇佐美のゴール、やはりシュートセンスは天才的です。

後半15分、右サイドから中へ。

パトリックがキープしてPE外で構えていた宇佐美へ、ハイどうぞ。

フリーの体勢から右足でゴール右へコロコロシュート。

GK菅野の横っ飛びも届かないポストすれすれに吸い込まれていきました。

唸るしかありません。アジアカップの広州戦でも魅せてくれるでしょうか。

cancercancer

※試合開始が一番早い山形ー仙台を見ました。結果は1-1のドロー。

降格争いの山形は、3人目の動きが足りません。

もっと全体で走らないとJ1定着は難しい。

それでもサポーターは健気です。必死の応援を続けました。

ところがグラウンドは陸上競技場。思いを乗せた声は遠い。

専用だったらもっと選手を鼓舞できたはずです。

サポーターも選手の声、ボールを蹴る音、汗の粒粒を間近にできます。

一体感はそんな距離感から生まれてくるものでしょう。

Jもクラブもいつまでサポーターと選手の間を引き離しておくのでしょうか。

わけのわからない試合形式を導入するより、専用スタジアム問題を解決した方がファン離れを食い止められますよ。      
                       マチダ

« ほんのりうす化粧のサクラタデ@野川公園 | トップページ | 身近に咲いてたサガミラン(モドキ)@水生植物園(神代植物公園) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほんのりうす化粧のサクラタデ@野川公園 | トップページ | 身近に咲いてたサガミラン(モドキ)@水生植物園(神代植物公園) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30