フォト
無料ブログはココログ

« さすが米どころ豪農の屋敷は規模が違う@新潟県関川村 | トップページ | 秘境にそばを食べにいく@山形県小国町 »

2015年9月15日 (火)

パトリックの献身で宇佐美が生きてる@マチダのJ

1日遅れでA大サッカー部OBマチダさんからメールが到着しました。

パトリックの献身。代表でもひとつ宇佐美が輝けない理由がマチダさんの指摘でよくわかりました。

       shoe    shoe    shoe

鹿島1-2G大阪 パトリックの献身。

彼は風貌に似合わず、とってもスマートな(頭のいい)選手だとつくづく思います。

宇佐美という才能の持ち主を生かすことを常に心がけているのではないでしょうか。

自分で持ち込んでゴールする力は十分あります。

全力でボールを奪い、ぎりぎりの状態からでも抜け出しシュート体勢に持ち込む。

宇佐美が合流するまでは一人かぶりの状態でした。

ところがいい相棒が見つかり、無理をしなくても済むようになりました。

だからお膳立てまでは、これまで以上のプレーができるようになるから任せなさい、あとは彼奴だよ。

そんな感じでプレーしています。

自分が、が当たり前の外国人FWには珍しいタイプといえるでしょう。

ホントにいい助っ人。

まあ、チャンスメークすることだけに力を注げばいいわけで、負担が減る分楽です。

自陣ゴール前から2人だけで攻め込みゴールを奪うことも可能。

相手にとって危険な関係は、Jの中では突出しているでしょう。

前半29分、39分と宇佐美の連続得点はいずれもパトリックがらみ。

もう切っても切れない仲、夫婦善哉ですよ。

runrun

チクリと言わせてもらいますが、代表に入るとねえ。

パトリック役がいない。というか宇佐美がエースになり得ていないのです。

泥臭い岡崎、視野の香川、自尊心の本田。独特のリズム感とシュートタイミングを持つ宇佐美は、いつ彼らに割って入るのでしょうか。
                                                                               マチダ

« さすが米どころ豪農の屋敷は規模が違う@新潟県関川村 | トップページ | 秘境にそばを食べにいく@山形県小国町 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さすが米どころ豪農の屋敷は規模が違う@新潟県関川村 | トップページ | 秘境にそばを食べにいく@山形県小国町 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30