フォト
無料ブログはココログ

« 古墳を利用して建てられた喜多院@川越でうなぎ | トップページ | 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 »

2015年9月20日 (日)

お見事!浦和武藤のシュートは年間ベスト10@マチダのJ

私は横浜ー東京を見てました。俊輔の絶妙なアシストとはいえデビューを決勝点で飾った富樫敬真(けいまん)、五輪世代に秘密兵器の登場です。

両親が新婚旅行でケイマン諸島へ。それで「けいまん」なんだって。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは武藤の自信満々のシュートを絶賛です。

      shoe    shoe    shoe


清水1-4浦和 浦和3点目、武藤のシュートは見事でした。

年間ベスト10に入ります。

後半21分、左サイドの森脇が大きく右へ振ります。

駆け込んでいた武藤はボールをコントロールすると迷うことなくゴール左サイドめがけ右足を振りぬきました。

わずかにスライスするような弾道はゴール左上隅へ。

おそらくあのノイアーでも取れなかったでしょう。

自信満々のシュートでした。でなければあれほど思い切って狙えません。

負けられない清水が前がかりになっているとはいえ、自陣からたった3本のパスでのカウンター。

浦和の走りとロングパスの精度が良さを物語っていました。

runrun

降格危険地域にいる清水。必死でしょう。

しかし気持ちに動きがついていっていません。

第一次攻撃にもなる前線プレスが甘い。

2人、3人と状況に応じて人数を増やす浦和に比べて、たいていが1人。

時たま2人いたとしても、相手との距離が離れすぎていたボールを奪えません。

中盤の選手もマイボールを簡単に奪われるなど、いいところなしです。

かつてパスサッカーの代名詞にもなった清水の面影はどこへです。

得意技に溺れてパスゲームをしているうちに長い距離を走らなくなり得点感覚まで忘れてしまったようです。

歌を忘れたカナリヤは悲し過ぎます。

過去の栄光?を忘れ、新しいサッカースタイルを探すしか復活の道はありません。

sagittariussagittarius

横浜1-0FC東京 俊輔ならではのアシストです。

横浜の特別指定選手の富樫ケイマンが途中出場でJ1デビューを果たすと同時に初ゴールも決めました。

後半43分、左サイドのスローインから俊輔にボールが渡ります。軽くフェイントを入れると、左足で、斜めクロス。

軽くカーブを描くとゴール前に走り込んでいた富樫の頭にピッタリ。

見えているんですね。

ルーキーに自信を持たせるアシストにもなりました。

sign03sign03

※ラグビーがやりましたね。

W杯初戦、世界ランク3位の南アを34-32で撃破しました。

過去わずか1勝、2勝目がとんでもない快挙になりました。

サッカーに例えるならドイツに勝ったようなものです。

南アはフルメンバーに近い陣容。でも明らかにナメていました。

ジャパンの勝利は自国でW杯を開催するということの意義が見事にあらわされています。

次はスコットランド。この勢いで狙ってほしい。

新国立競技場建設問題などでミソをつけた格好の森さん、ふんぞり返っているだろうなー。                
                         マチダ

« 古墳を利用して建てられた喜多院@川越でうなぎ | トップページ | 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古墳を利用して建てられた喜多院@川越でうなぎ | トップページ | 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30