フォト
無料ブログはココログ

« 中国にも引き分け@マチダも暗澹たる気持ち | トップページ | 鴫立沢の藁葺き屋根・ここが湘南発祥の地@大磯町の鴫立庵 »

2015年8月11日 (火)

ホントにアオバトが海水を飲んでるよ@大磯の照ケ崎海岸

4月初めまで神代植物公園で見かけたアオバト。どうしてるかなあ。

奥多摩で涼しく過ごしてるんでしょうか。

丹沢の群れは夏の間は大磯の照ケ崎海岸にやってきます。

海水を飲むアオバト観察に出かけました。

朝7時半に大磯駅集合、島崎藤村の墓など寄り道して8時には海岸に到着。

Img_5505

すでに大砲を構えたカメラマンが20人ほど。少し離れた遊歩道にも10人以上が並んでます。

どうやら海に突き出た岩礁にやってくるようです。

望遠レンズなんてもってないしコンデジで大丈夫かなあ。

「いないですねえ」「なあに10分も待てばやってくるよ」


Img_5517

数分で群れがやってきました。あたりを旋回して危険がないか確認してます。

ここは日本一のアオバト集団飛来地。ほかには北海道の小樽でも集団飛来が確認されてます。

やってくるのは20〜30㌔離れた丹沢。

Img_5526

下りてきたぞ。

だけど残念ながら美しい羽の色がうまく撮れないな。

前夜に丹沢からやってきたアオバトは大磯駅近くのエリザベス・サンダースホームの森の中で羽を休めます。

最初に来るのは午前5時ごろ。それからは10時ごろまで入れ替わり立ち替わりで次々に飛来。

初めは雄が来て充分に海水を飲むと山に戻って雌と子育てを交代。

その後に雌が来るみたい。


Img_5534

仲間は飛び立ったのに飲み足りないのが残ってます。

これは色がはっきり分かります。きれいだねえ。

翼にワインレッドがあるのが雄。

海水を飲むのは、主食のドングリなどでは摂れないナトリウム分を補うため。

繁殖期だけの行動です。群馬では温泉の水を飲みにやってくるグループも知られてます。

大磯に飛来するのは5月初めから10月ごろまで。


Img_5552

ザッバーン。波が打ち寄せると飛び立ってしまうので海水を飲んでるのはほんのわずかの時間。

冬期のアオバトは森でドングリを食べて過ごします。

ことし初めて神代植物公園に来てた4羽は新たな餌場を発見したんでしょう。

関西方面のアオバトは京都御苑や神社でドングリを食べてるようです。

アオバトを観察している愛鳥家のグループ「こまたん」によると私たちが行った8日の飛来数は延べ794羽。回数は23回。

翌9日が34回1261羽なので少なかったみたい。

でも気がついたら1時間半もたっぷり観察してましたよ。


« 中国にも引き分け@マチダも暗澹たる気持ち | トップページ | 鴫立沢の藁葺き屋根・ここが湘南発祥の地@大磯町の鴫立庵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

アオバトだけがどうして海水を飲みに来るのでしょうか。
キジバトやヒヨドリはどこでナトリウムを取っているのでしょう。
素朴な疑問ですみません。
もっと大きい山の獣達は・・・・・。
見方を変えれば、現代人がいかに塩分を取りすぎなのか。
高血圧になるわけですね。

芙蓉酔人さん。
それがどうも良く分かってないようです。

アオバトは虫を食べる量が少ないんでしょうか。じゃ穀物中心で雑食のスズメはどうなんでしょう。

多分、生肉を食べるとミネラルは補えるんじゃないかと思ってます。

私は汗をかいても塩分は摂りません。甘いものを食べればあんこに塩が入ってるので、それで足りると愚考してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国にも引き分け@マチダも暗澹たる気持ち | トップページ | 鴫立沢の藁葺き屋根・ここが湘南発祥の地@大磯町の鴫立庵 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30