フォト
無料ブログはココログ

« タバコの花ってアサガオみたい@都立薬用植物園 | トップページ | 秋の花が咲き出した・フジカンゾウなど@野川公園 »

2015年8月19日 (水)

アオバトを間近で・・@井の頭自然文化園の分園

突然、脳ミソが動き出しました。

信濃町から目黒の自然教育園にでもと考えてたが、暑そうなので日和って井の頭公園。

(日和ってなんて死語だわな。洞が峠を決め込んだ戦国大名筒井順慶の故事が日和見。末裔の家系だという筒井康隆の作品に「筒井順慶」があります)

分園の水生物園を通り過ぎてから脳内活動が活発に。

しまわれていた情報が浮かび上がったんです。

Img_5682

そうだ、水生物園にアオバトがいるんだ。

引き返して水生物園に入場。

分園には何十年ぶりかなのでちゃんと水生物館で水槽の魚などを鑑賞。

外に出てケージをのぞき込んで捜すといました、いました。

こちらはオス。翼の一部がワインレッド。

頭から胸が黄色で腹はクリーム色。くちばしと眼の虹彩の内側がターコイズブルー。

なんでこんなにきれいなんでしょう。

オスは目に障害があるようです。

Img_5680

こちらがメス、大磯で弱って海につかっていたところを保護されました。

海水を飲むときに高波に飲まれてしまったみたい。

動物病院に収容されたときには左翼の一部が折れてしまってたそうです。

大磯には8月初旬に見に行ったばかり。

次から次へと群れがやってきて海水を飲んでました。

あきず眺めてました。

海水を飲みにくる様子はこちらです。

Img_5684

せっかくだから本園で象のはな子さんとご対面。

国内で飼育されているアジアゾウでは最高齢。

ことし68歳、もうまともな歯は1本しかありません。

1949年(昭和24)平和の使者としてタイから贈られ、初めは上野で暮らして都内各地を移動動物園で巡った。

1954(昭和29)からは井の頭に。

井の頭に象が来るってんで喜び勇んで見に行きましたよ。

動物園から象がいなくなりませんように・・。


« タバコの花ってアサガオみたい@都立薬用植物園 | トップページ | 秋の花が咲き出した・フジカンゾウなど@野川公園 »

武蔵野市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タバコの花ってアサガオみたい@都立薬用植物園 | トップページ | 秋の花が咲き出した・フジカンゾウなど@野川公園 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30