フォト
無料ブログはココログ

« ショクダイオオコンニャクの観察日記その2@神代植物公園 | トップページ | 島に渡って変化したシマホタルブクロ@植物多様性センター »

2015年7月14日 (火)

例年よりひと月早くキレンゲショウマが咲いてます@調布市野草園

仲間はこれしかいないので1属1種の希少植物。

つぼみがふくらんでいたのでそろそろかなと野草園へ。

Img_5046

1輪だけですが半開きになってました。

それにしても早いんじゃない?

係の人に訊いたら「ひと月は早いよ」

4、5月ごろが暑かったからね。

植物も間違えてるんでしょう。

読んでないから知らないけど宮尾登美子さんの「天涯の花」で有名になったようです。

四国の剣山には群落があるが、鹿害のためネットで保護されてる状態だそうです。

神代植物公園の流れのそばにもあるがまだつぼみです。


Img_5050_2

ほかにはノカンゾウ、ヤブカンゾウが目立つくらいかな。

メハジキはあちこちで背丈を伸ばしてます。

あちこち調べてたら万葉集にも出て来るそうです。

わが屋前(やど)に 生ふる土針(つちはり) 心ゆも 想はぬ人の 衣に摺らゆな

土針がメハジキです。

葉が緑色の染料になるので、ほかの人の衣に染まらないようにと呼びかけてます。

別名は益母草(やくもそう)。

産前産後の薬として用いられたので万葉に時代からポピュラーだったのでしょう。


Img_5059

カリガネソウも盛りです。

花の上から伸びてるのは雄しべ4本と雌しべ。

虫が花にとまると背中に花粉をつける仕組みです。

近づくと強い臭気があります。

接写してた女性と話したら「匂いが強いんですねえ」びっくりしてました。

匂いには鈍感ですが、これのはちょっといただけません。

クサギは平気なんですが。


« ショクダイオオコンニャクの観察日記その2@神代植物公園 | トップページ | 島に渡って変化したシマホタルブクロ@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ショクダイオオコンニャクの観察日記その2@神代植物公園 | トップページ | 島に渡って変化したシマホタルブクロ@植物多様性センター »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31