フォト
無料ブログはココログ

« 次郎長一家の関東綱五郎は高尾山麓の生まれだった@八王子市落合 | トップページ | いよいよ・・明日かあさってだよコンニャク開花・観察日記その5@神代植物公園 »

2015年7月19日 (日)

これも早いねナツズイセン&コンニャクの観察日記その4@神代植物公園

ショクダイオオコンニャク、なかなか咲かないなあ。(18日午後)。

ぼけっと見てても、ちっとも変わらないのでひと回り。

Img_5155

ナツズイセンがいつの間にか咲いてます。

去年が7月下旬で例年より早かった。

ことしはそれを上回るペース。

古い時代に中国からやってきた史前帰化植物といわれてます。

おそらく仲間の彼岸花と一緒に来たんでしょう。

縄文なのか弥生なのか、それとも海流に運ばれた漂着植物?

諸説あって確定してません。


Img_5149_2

「フサフジウツギとヤナギバタムラソウのところでジャコウアゲハを見たわよ」

顔見知りのおばちゃんが教えてくれました。

「飛んでっちゃって、もういないわよ」

「また帰ってくるよ」

おばちゃんは幼虫が5、6匹いるという食草のウマノスズクサを見に。

ひらひら飛んでますね。

フサフジウツギの蜜が好みみたい。

ウマノスズクサも見に行こうと思ってたんですが、すっかり忘れてました。

3歩歩くと忘れてしまいます。


Img_5143_2

ショクダイオオコンニャクはどうなってるでしょう。

きのう(17日)午前で高さは166㌢。

2日前より約20㌢伸びてます。

仏炎苞(緑色の部分)の先が茶色くなってきてます。

附属体も先っぽをのぞいて茶色に。

熟してきたんでしょうか。

ガードマンのおじさんによると「朝よりも胴体の真ん中が太くなった」

そういわれりゃ、弾けそうにパンパン。

風で揺れるので頭をゴムで縛って固定してます。

いずれにせよ開花はもうすぐ。19日か20日あたり。

開花が20日か21日の秒読みに入りましたので、休園日だった21日は臨時開園することになりました。


« 次郎長一家の関東綱五郎は高尾山麓の生まれだった@八王子市落合 | トップページ | いよいよ・・明日かあさってだよコンニャク開花・観察日記その5@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

今朝、見に行って来ました。
仏炎苞の先は熟した白菜の先の様に、シワシワで
赤味を帯びてきていました。
明日か、明後日かという感じですね。

ショクダイオオコンニャク、凄い厳重に包囲されましたね!

グルグル巻きにされたアンソニーホプキンズのハンニバルみたい(笑)

今回は、全開花するとよいですね
強烈らしい開花時の匂いも楽しみです♡

芙蓉酔人さん。

いよいよです。明日は一番に行ってきます。

通りすがりのおばちゃん。

台風が去ったので厳重包囲は解かれました。

小石川の株ですからちゃんと全開花すると思います。

匂いは胸いっぱい吸い込まない方がいいですよ。

ハンニバル、怖かったなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次郎長一家の関東綱五郎は高尾山麓の生まれだった@八王子市落合 | トップページ | いよいよ・・明日かあさってだよコンニャク開花・観察日記その5@神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31