フォト
無料ブログはココログ

« 2度飛んだ特攻隊員・「黒島」が毎日新聞で特集 | トップページ | 20日ごろに咲くよショクダイオオコンニャク@神代植物公園 »

2015年7月12日 (日)

鳥栖の18歳・鎌田大地に注目@次世代の主軸かもとマチダ

いい選手が出てきたようです。鳥栖の鎌田大地。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは再開Jで鎌田に熱視線。

       shoe    shoe    shoe


再開です。各チームともハーフタイム中にどんな修正をしてきたか。

柏2-3鳥栖 18歳のMF鎌田大地がすごいと聞いたので注目しました。

先発図を見逃したので最初どこにいるのかわかりません。

やっと前半24分にアナウンサーが彼の名前を口にして背番24だと確認できました。

柏のパスミスをカットするとDF2人を置き去りにして持ち上がり、水沼にラストパス。

追加点に貢献します。

さらに38分。カウンターから中央でボールキープ。

豊田の走りに合わせて絶妙なスルーパスを通しました。

footfoot

2アシスト。ものすごく目につく動きをしたわけではありません。

でも、ボールタッチ、パスの柔らかさは1級です。

要はシュートしやすいパスです。

たまたま2本いい場面を見ただけで、才能を云々するのは思い込みが過ぎる気もします。

その後も観察しました。

大人びたプレー、つまり新人離れしいた落ち着きがあります。

次世代の主軸になる可能性は十分あると見ました。

Gユース→東山高。愛媛県出身。180㌢と上背もそこそこあります。

downdown

それにしてもアナウンサーがやたらサブ解説者になっているのが耳障りでした。

メーンの解説者がいるのですから、もっと両チームの選手の名を口にして鎌田だけでなく他選手を視聴者に印象付けてほしいものです。

ゲームの動きと選手の個性などテレビではわからないことを的確に伝えるのが、アナウンサーの本来の仕事でしょう。

sagittariussagittarius

松本1-2浦和 松本のサッカーは真摯で共感します。

全力で王者に立ち向かい、特に後半はあと一息まで迫りました。

前期からの姿勢が変わっていません。経験がわずかな差になっています。

息切れしなければ結構いい結果が出るようになるかもしれません。


川崎F2-0FC東京 武藤の穴が大きいのでしょうか。

太田の動きがイマイチ。特に後半はどこにいたのか。

エース的存在が去って大幅な戦力ダウンとなるようでは優勝は遠いでしょう。

libralibra

※なでしこの総括がいろいろ出ています。

世界ランク上位チームとの比較でいえば、ずば抜けてスピードのある選手が1、2人必要。

100㍍を12秒前半じゃなくて50㍍を6秒3、4でいいんです。

サッカーは30㍍までが勝負、それまでに相手を振り切る力強さがあれば世界的基準になります。

GKで山根を育てました。

岩淵というドリブラーも、もう一人前です。

桁外れに足の速い選手を見つけて、育てられないはずはありません。

DFとFWに1人ずつ。早期発見を。

                 マチダ

« 2度飛んだ特攻隊員・「黒島」が毎日新聞で特集 | トップページ | 20日ごろに咲くよショクダイオオコンニャク@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2度飛んだ特攻隊員・「黒島」が毎日新聞で特集 | トップページ | 20日ごろに咲くよショクダイオオコンニャク@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30