フォト
無料ブログはココログ

« 20日午前、まだですが熱を帯びて開花の兆し・観察日記その6@神代植物公園 | トップページ | 21日午前、花序の成長が止まっていよいよ・・観察日記その7@神代植物公園 »

2015年7月20日 (月)

浦和ついに・・&全力でぶつかった松本が勝利@マチダのJ

毎年、中心選手を浦和にかっさらわれてる広島が浦和の負けなし記録をストップ。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは「フィニッシュに落ち着きがない」と指摘してます。

       shoe    shoe    shoe


浦和1-2広島 ついに負けました。

広島の倍近くシュートを放っていながら1点どまり。

それほど悪い試合内容ではなかった。

ただフィニッシュに落ち着きがない。

決めてやろうが力みになっているというか地に足がついていない印象。

前節の山形戦(0-0)からその兆候はあったのかもしれません。

footfoot

PKを外した高木。確かに試合後涙を流すほど悔しかったでしょう。

しかし、久しぶりの先発でも動きはとても良かった。

うっぷんを晴らすかのように快速を生かし、相手の脅威になっていました。

悲観する必要はありませんし、必ず大事な場面で使われます。

それよりGKをはじいたボールを槇が決めてやらなくちゃ。

反応よく飛び出して頭で押し込もうとしたのがわずかに右ポストの外。

それでも前半36分、高木も絡んで関根が先制ゴール。

主導権を奪われることなく後半に入りました。

runrun


ところが20分に途中出場の広島・浅野に決められ、39分には青山のミドルで勝ち越されます。

いずれもカウンターからです。

DFが悪かったかというとそうでもありません。

1点差。もう1点を取りに行くのは当然のこと。

前がかりになるのは浦和の特徴でもあります。

自分たちの時間に決められなかったのが悪かったわけで、守りを軽視したようには見えませんでした。

大きめの石に躓いて転んだと言える試合です。

問題は興梠を軸にした後の点の取り方。修正が必要です。


3連勝の広島は後期制覇の一番手かも。

sagittariussagittarius


松本2-0鹿島 松本の魂の走りが連敗を7で止めました。

とにかく走るのが唯一の武器。徹底しています。

選手たちもわかっているのでしょう。

勝っても負けても、このチームほど全力を出し切っているところは他にありません。

前半17分、小さな工藤が緩慢なバックパスに狙いを定め、かっさらって先制。

28分にはショートコーナーからセンタリング。

真ん中でオビナがつぶされたものの後ろから長身DF飯田が走り込みヘディングでズドン。

この2点をそれこそ体を張って守り抜きます。

DF陣はもとよりFW陣もインターセプトを常に意識しているようで、何度か相手と接触することなくマイボールにしていました。

常に相手の次のプレーを読む、または予測するのは(昔はヤマを張るなんて言われました)基本です。

松本は忠実なプレーで勝利しました。

鹿島は柴崎が早々に負傷交代したのが痛い。

libralibra


G大阪2-2横浜 さすが俊輔。後半49分の引き分けFK。

ゴール中央からの一撃はDFの壁を越えてから軽く右へ曲がりつつ急激に落ちてゴール左隅に吸い込まれました。

魅せるプレーです。

ガンバは前半5分、遠藤から左サイドの縦へパス。

待ちかまえていた宇佐美が持ち込み、絶妙のセンタリング。

走り込んでいたパトリックの頭にドンピシャリ。

J№1のホットラインで先制しました。

後半も28分、倉田のシュートが宇佐美の足に当たるラッキー?な得点でリードを広げます。

ところが締めにかかりだした38分、横浜のラフィーニャ→アデミウソンのワンツーで真ん中を割られ失点。

さらに土壇場で痛恨のFK。

一番ヤバイ位置でFKを与えるなんてG大阪にしてはチョンボです。

相当バテていたからでしょうが、抜かりました。

hairsalonhairsalon

※新国立白紙。

安藤がわしゃ知らん。森も2500億くらい国が…。安倍は頓珍漢な支持率挽回策。


あきれて笑うしかありません。

コンペに出された日本チームの案なら、環境にやさしく安くでドタバタになることはなかったはず。

やはり欧州の票欲しさにムニャムニャ。

何かもっとディープな裏がありそうです。

話は違いますが、もう一つの笑っちゃいましたです。

相棒の新相棒が反町ですって。これがホントのドーベルマン刑事。
                                                                       マチダ

« 20日午前、まだですが熱を帯びて開花の兆し・観察日記その6@神代植物公園 | トップページ | 21日午前、花序の成長が止まっていよいよ・・観察日記その7@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20日午前、まだですが熱を帯びて開花の兆し・観察日記その6@神代植物公園 | トップページ | 21日午前、花序の成長が止まっていよいよ・・観察日記その7@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30