フォト
無料ブログはココログ

« 「祖国よ、オレは生きて帰ったぞ」城戸幹さんの叫び | トップページ | ナベナは鍋菜だけど食べられるのか@神代植物公園 »

2015年7月27日 (月)

蒔絵萩、いい名前でしょ@植物多様性センター

コンニャクにうつつを抜かしてばかりいたわけでもありません。

この間に撮った花たちを。

Img_5191

お気に入りのひとつですマキエハギ。

スッと伸びた花茎の先に花をつけるさまが蒔絵の筆法を思わせるからとか。

丸まっこいのがマキエハギの葉です。

背丈は低いので注意しないと見逃してしまいます。

神代植物公園の山野草園にもあったんだけど、ことしは枯れてしまいました。

多様性の職員さんに訊いたら、日当りを好むそうです。

本園のは木々にさえぎられて光が届かなかったようです。


Img_5175

漢字じゃ浜香とか浜栲と書くハマゴウ。

「栲」はなんだべ。

たえと読んで、カジノキなどの繊維で織った白い布、布類の総称。

そういや「白栲(妙)の」なんて枕詞もありました。

地面に這いつくばった茎から出てる赤紫の花は、一服の清涼剤。

香りも楽しんでください。

葉を燃やした香煙を仏様に捧げたようです。

今でも浜の近くではお墓で燃やすのでしょうか。

Img_5161

ナツズイセンが顔を出したらこれも負けてはいられない。

キツネノカミソリもいつの間にやら草の間からこんにちは。

ヒガンバナは史前帰化植物だけど、こちらは在来種みたい。

縄文時代には毒抜きして球根を食べたみたい。

なのでヒガンバナも同じように毒を消して救荒植物にできたんですね。

花を見たのは去年より10日くらい早いかな。


« 「祖国よ、オレは生きて帰ったぞ」城戸幹さんの叫び | トップページ | ナベナは鍋菜だけど食べられるのか@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「祖国よ、オレは生きて帰ったぞ」城戸幹さんの叫び | トップページ | ナベナは鍋菜だけど食べられるのか@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30