フォト
無料ブログはココログ

« 例年よりひと月早くキレンゲショウマが咲いてます@調布市野草園 | トップページ | 再び鳥栖の18歳鎌田に注目@マチダがパスセンスを誉める »

2015年7月15日 (水)

島に渡って変化したシマホタルブクロ@植物多様性センター

シマとかムニンとかついた植物だと色めいてしまいます。

ムニンは小笠原の環境で変化したもの。

シマも多いのかと思ったけどほかには伊豆大島ではシマガマズミくらいなんですかね。

Img_5075_5

ぐだぐだ前振りをしつつシマホタルブクロ。

どこが違うのかって、まず全体に丈が小さい。

島の厳しい環境に適合するために葉が厚くて光沢がある。

ホタルブクロより遅れて咲くんですね。

本州から鳥が運んだのかタネが運ばれて現地で適応してきた。

別の種ではなくて変種扱いです。

島だけでなくて太平洋岸でも見られるところがあるみたい。

ということは海岸の気候に合うように変わっていったということでしょうか。


Img_5081

職員さんによるガイドウォークで一番歓声が上がったのがこれ。

ヤマシャクヤクのタネです。

清楚な白い花とのギャップが大きいからでしょう。

初めて見るとギョッとします。

サヤが割れると黒い種と真っ赤なサヤの裏側が顔を出します。

鳥に食べてもらうための目印です。

それにしてもすごい色。


Img_5078_3

葉を撮ったわけではありません。

奥にコマみたいな小さい実がいっぱいついてるでしょ。

もうドングリができてるんです。

ピントが合ってないけどかわいいので。

多分シラカシだったと思います。


« 例年よりひと月早くキレンゲショウマが咲いてます@調布市野草園 | トップページ | 再び鳥栖の18歳鎌田に注目@マチダがパスセンスを誉める »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 例年よりひと月早くキレンゲショウマが咲いてます@調布市野草園 | トップページ | 再び鳥栖の18歳鎌田に注目@マチダがパスセンスを誉める »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30