フォト
無料ブログはココログ

« Uー22コスタリカに快勝@物足りない相手だから・・とマチダ | トップページ | 古代ハスが開いてるよ@神代植物公園 »

2015年7月 2日 (木)

なでしこの執念がもたらしたOG・さあ決勝だ@マチダも神様を信じた

オウンゴールを献上したイギリスのバセット選手はずっと泣き崩れてました。

チームメイトが集まって慰めていたのが印象的でした。

でも彼女が悪いわけじゃない。足を出さなかったら大儀見に渡っていた確率は十分にありました。

川澄の正確なクロスが幸運な得点を生み出したのです。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんもガラに似合わず神様に感謝してます。

    shoe   shoe    shoe

日本2-1イングランド 神がかり。

Img_4989_2


立ち上がりからロングパスと馬力のイングランドに押し込まれます。

耐えて忍んだ前半33分。中盤からPE付近まで下がっていた坂口にバックパス。

驚きました。

前を向かず、何やってんだろうと不満を漏らした瞬間、右サイドを有吉が駆け上がっていました。

ドンピシャのロングフィード。

虚を突かれ置き去りにされかけた相手DFはたまらず手を出して有吉を押し倒してしまいます。

PK。

あのプレー、狙っていたのではないでしょうか。

恐れ入りました。

宮間が決めて先制。優位に立ちます。

runrun


ところが40分、今度はPKを与えてしまいます。

相手CKからゴール前混戦に。

守備に入った大儀見の競り合いがファウルと判定されます。

テレビでは勝手に転んだようにしか見えません(スローで見てもPKになるようなプレーではありません)厳し過ぎます。

どうも女子の審判は、PEエリア内で転ぶとファウルにしたがる傾向があります。

libralibra

後半も猛攻を仕掛けられます。

パスミスも目立ち、主導権を握れないまま時間が過ぎていきました。

残り20分での岩淵投入がリズムを変えました。

左サイドで持って、抜いてシュートして、上げて。

相手DFがイラつくくらいに翻弄します。

あと10分早くてもよかったかもしれません。

しかし、足に負担がかるほどに岩淵のドリブルは効果があります。

佐々木監督の思惑通り、いい時間帯の交代でした。

sagittariussagittarius

ロスタイムに突入。

右サイドの川澄がフリーで持ち上がります。

しっかり中を見て斜めクロス。

大儀見、その後ろからは岩淵がなだれ込んできます。

必死でバックしてきた相手CBは苦し紛れに足を出します。

ほんのわずか、ほんのわずか足りません。

ボールがつま先に当たりました。

自陣のゴール右上めがけて吸い込まれて行きました。

なでしこの執念がもたらしたOG。

誤診に近いPKの埋め合わせとしか思えません。

誰かが決めたわけでもない予想外の結末。

神様って本当にいるのじゃないだろうか。

米国との決戦。奇跡を信じたくなりました。
                                                                      マチダ

« Uー22コスタリカに快勝@物足りない相手だから・・とマチダ | トップページ | 古代ハスが開いてるよ@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Uー22コスタリカに快勝@物足りない相手だから・・とマチダ | トップページ | 古代ハスが開いてるよ@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30