フォト
無料ブログはココログ

« 全体がお疲れ気味のガンバ@マチダも気がかり | トップページ | 24日傾き出して倒れそう・コンニャク観察日記その11@神代植物公園 »

2015年7月23日 (木)

1日だけでもう閉じた・コンニャク観察日記その10@神代植物公園

ランチ休憩のあと午後に行ったら、ショクダイオオコンニャクはもう閉じ始めてました。

受粉の役目を終えたんでしょうね。

昨夜(21日)咲いたばかりなのにね。

Img_5243

一時はチケット売り場まで行列が続いたそうですが、午後は10㍍ほど。

午後2時では5分待ちくらいでらくらく入場。

開いていた仏炎苞が閉じ始めてます。

附属体も隠れてきました。

赤紫色だったフレアの先も黒くなってます。

2度ほど並び直して入ったんですが、独特の匂いはわずかに確認しただけ。

おばちゃんたちも「分からないわね」

残念がってました。


Img_5237_4

こちらは午前9時半ごろ。

比較してみてください。

それにしても忙しかったなあこの3日くらいは。

午前と午後の2回出勤。

炎天下に出かけるだけでエネルギーを消費してたようです。

きょう23日は雨なので、植物園通いはお休みの予定。

疲労回復に務めます。


Img_5248

涼しげな花を。

人が多くて疲れたので隣の植物多様性センターで目の保養。

こちらはいつでものんびり出来ます。

サワギキョウのブルーが目を休めてくれます。

コンニャクの解説には多様性センターの職員さんも狩り出されていた。

朝6時に来てたみたい。

ご苦労さんでした。

     bud    bud    bud

これまでの様子をごらんになりたい方は観察日記の1から9をどうぞ。

観察日記その1その2その3その4その5その6その7その8その9

« 全体がお疲れ気味のガンバ@マチダも気がかり | トップページ | 24日傾き出して倒れそう・コンニャク観察日記その11@神代植物公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

お花、もう閉じ始めたんですね・・・
やはり昨日行って良かったです。
フレアスカートから、すらりとした足と
例える方がいらしたけど、同感!
そういう意味でも、ショクダイオオコンニャクは
神代植物公園のアイドル!!

一つの生命体が数年に一度行う受精という大イベント。
約10日間かけて劇的に変化してゆく巨大花の開花と
その役目を終えた後に再び静かに眠りにつく姿。
散歩人さんの渾身のドキュメンタリーを追って見ていると
心にぽっと感動の火が灯りますね。
暑い中、お疲れ様でした。

みみりんさん。
何か長く開いていてはいけない事情があるんでしょうね。匂いを発散して短時間に受粉を済ませてしまうわけが知りたい。

熱帯ではわれわれの知らないことがあるんです、きっと。

芙蓉酔人さん。

今朝は雨模様だったので散歩は中止しました。なのに午後には日射しも出てた。

まあ明日また行ってみます。

散歩人さんのレポートのお蔭様で、生中継のように感じとることができました、ホントにありがとうございます♡

人々を感動させる開花受粉も、自然の中では一つの役割にすぎないのですね、それこそが感動の真理かもしれません。

知り合いが、去年、花が咲いてない時にこの花に抱き着いたそうで!
今度会ったらその時の状況を詳しく聞きたいと思ってます。

通りすがりのおばちゃん。
そういっていただけると励みになります。
来年春に温室がオープンしたらスイレン池に展示すると思います。太い茎ですので触れるくらいは大丈夫でしょう。

お久しぶりです。

テレビでも二つ見ましたが、お出かけなさったのですね。
7年に一度の開花だそうで、大賑わいでしたね。
ものすごいにおいということですが、わかりませんでしたか。

サワギキョウが涼しげですね。(*^^)v

まねきにゃんこさん。
連日、通ってました。コンニャク科の花が好きなんです。

花は仏炎苞の中に隠れていて、匂いで虫を招き寄せる。古代のイメージがするんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全体がお疲れ気味のガンバ@マチダも気がかり | トップページ | 24日傾き出して倒れそう・コンニャク観察日記その11@神代植物公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30