フォト
無料ブログはココログ

« 文明開化の音がする築地居留地@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の4回目その4 | トップページ | 二階堂ふみと口もきかなかったんだって・・映画「この国の空」荒井晴彦監督の講演 »

2015年6月22日 (月)

慶応の向かいには立教発祥の地@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の4回目その5

居留地は多くのミッションスクールが始まったところでもあるんだよね。

Img_4733

慶応義塾発祥の地の向かいは聖路加看護大学。

その構内に半ドーナツ型の石碑が建ってます。

ここが立教学校発祥の地。

慶応と立教はむかしから競ってたんですね。

「1874 ウィリアムズ主教 立教学校を開く  

すべての人に仕える者になりなさい

聖マルコによる福音書 新約聖書」と書かれてます。

立教の創立125周年を記念して2000年に建てられたものです。

ほかにも青山学院のルーツのひとつ海岸女学校、明治学院、雙葉学園、女子学院などの誕生の地だ。

かつてのラグビー強豪校の関東学院もそうなんですね。

してみると慶応だけキリスト教関係ではない。

居留地から始まったのは福沢諭吉の「進取の精神」のあらわれなんでしょうか。

もっともまだ居留地になる前だけどね。


Img_4756

築地から北へ大通りを渡ると入船。

急に下町っぽくなります。道路も狭くなる。

居留地は面影を残してるんです。

逆三角形のパイプで囲まれた四角柱が建ってます。

ふだんだったら見向きもしないんですが仲間がちゃんと説明してくれます。

これは一等水準点「交無号」

これの観測で東京湾の平均海面(海抜0㍍)を決めてるんです。

0をまず決めて国会議事堂前の日本水準原点の標高(24・414㍍)を求めてます。

明治政府はこうしたことまで1つ1つ決めていったんです。

これで山の高さも測られていく。

西洋式の国を造るってのは大変なことの積み重ねなんですね。と、改めて感心。


Img_4750

やっぱり富士塚を訪ねます。ここは鉄砲洲稲荷。

江戸初期のここらは細長い河口の島だったので鉄砲洲。

稲荷は初め東京湾の奥、今の日比谷辺りに創建された。

その後、埋め立てが進むにつれて京橋に遷座。

さらに室町末期には新しい海岸に移って八丁堀稲荷となったと由緒にいう。

寛永元年(1624)には稲荷橋南東詰め(現在地近くだけどどこかなあ)、明治元年(1868)に現在地に移転。

富士塚も一緒に引っ越してきました。

船乗りの信仰を集めたために常に江戸湊に鎮座してきたんです。


Img_4764_3

於岩稲荷田宮神社でこの日はおしまい。

冷たい風がヒュルルと吹いてきそうな雰囲気があるかと思ったけど、そうでもありませんでした。

なんか普通の民家みたいなこぢんまりした一画。

四谷の田宮神社が明治12年の火事で焼けてしまったのでここ霊厳島に再建したもの。

社地は歌舞伎俳優の初代市川左団次の所有地。

だからなんですね。ドロロロっぽくないのは。

四谷の方は元のところに再興されたので於岩稲荷は2カ所にあります。


« 文明開化の音がする築地居留地@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の4回目その4 | トップページ | 二階堂ふみと口もきかなかったんだって・・映画「この国の空」荒井晴彦監督の講演 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文明開化の音がする築地居留地@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の4回目その4 | トップページ | 二階堂ふみと口もきかなかったんだって・・映画「この国の空」荒井晴彦監督の講演 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30