フォト
無料ブログはココログ

« 葉に実がなってるナギイカダとハナイカダ@神代植物公園 | トップページ | 大した役者だ興梠のフェイント@マチダも絶賛 »

2015年6月 8日 (月)

夏の花がポチポチ・コバノカモメヅルなど@野川公園

草本の花は端境期ですが夏の花がちらほら見られます。

7日の自然観察園の植物観察会にいってきました。

Img_4591_3

花の数が少ないのはあらかじめ偵察済み。

3日ほど前に行ったらボランティアのおばちゃんに「最近見ないわね」

「神代とかに・・」

「浮気してるんだ」って言われちゃいました。

まあ、そのうちに戻ってきますよ。

ヒトデみたいな花のコバノカモメヅルが咲いてました。

葉がカモメみたいと言うけど、そうかなあ。

ここにはオオカモメヅルも混じってるので、そちらのかも知れません。

オオカモメの花が咲かないと区別がつかないとガイドしてくれたボランティアさんも留保。

ガガイモ科です。


Img_4598

花穂が垂れ下がってるのでオカトラノオです。

真っすぐ立っているとヌマトラノオ。

雑種のイヌヌマトラノオなんてのもあるが花穂は立っている。

ちかづいてみるとなかなか清楚な花ですよ。

白い星をちりばめたみたいで天の川といえなくもない。

花はごらんのように茎の方から咲き始めます。

しっぽみたいな咲きかたはどれも何とかトラノオ。

オカとヌマはサクラソウ科、

ヤマトラノオ、ルリトラノオはゴマノハグサ科。

シソ科はミズトラノオ、ハナトラノオ。


Img_4603_2

遠いのでこれが限度ですがヘラオモダカ。

ホタル保護区域の中で咲いてました。

真ん中が矢尻型に大きく切れ込んだオモダカとは葉が違いますね。

オモダカを栽培改良したものがクワイ。

球根を食べますね。

うまいと思ったことはないけど・・。

ヘラオモダカは大量の種をつくり、流れて拡散するので農家には嫌われている水田雑草。


« 葉に実がなってるナギイカダとハナイカダ@神代植物公園 | トップページ | 大した役者だ興梠のフェイント@マチダも絶賛 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉に実がなってるナギイカダとハナイカダ@神代植物公園 | トップページ | 大した役者だ興梠のフェイント@マチダも絶賛 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31