フォト
無料ブログはココログ

« スクナビコナはガガイモに乗って・・@野川公園 | トップページ | 国蝶オオムラサキが羽化@深大寺境内 »

2015年6月30日 (火)

チダケサシで盛り上がったガイドウォーク@植物多様性センター

基本的に毎週土日に行われている植物多様性センターのガイドウォーク。

参加者は多くて10人、少ないと3、4人。

ガイドしてくれるのはボランティアさんと職員さん。

少人数なのでアットホームな雰囲気です。

Img_4776_4

先週の27日、一番盛り上がったのがチダケサシ。

ご存知ですね、乳茸をこれに刺して運んだことからのネーミング。

(写真は本園の神代植物公園のものです)

花についてじゃなくて乳茸を食べたことがあるかどうか。

常連のKさんが「食べたことあるわよ」

と言ったので「おいしかった?」とみんな興味津々。

似たか焼いたかしたらしいんですが、美味との思い出はないみたい。

私も野川公園でいつもお会いする栃木県人の話を披露。

「チダケうどんにするといいダシが出るそうですよ」

ボランティアさんも職員さんも未体験で一同、つばを飲み込んでました。


Img_4907

秘密をバラした弟を切ったとかいうオトギリソウが真っ盛り。

刀傷に効果があることから弟を切ったなんて物騒な発想が生まれたんでしょうか。

セイヨウオトギリソウは英語でSt John's Wort。

聖ジョンの草(ヨハネですね)。

聖ヨハネの首から流れた血が葉の油点になったという。

カタカナ表記ではなぜかセント・ジョーンズ・ワートってなってます。

どうして?

修道女に十二使徒の名前を尋ねられたウーピー・ゴールドバーグ。

「ジョン、ポール、ジョージ・・」

修道女もニコニコしてます。

だがその次が「リンゴ!」(映画「天使にラブソングを・・」)


Img_4910_2

同じオトギリソウ属のトモエソウ。

ビヨウヤナギ、キンシバイなども同じ仲間。

なるほどは花が似てます。

花弁が巴のように少し曲がっているのがポイント。

  bud   bud 

レンゲショウマのつぼみがふくらんできました。

もうひと月前くらいからつぼみがついてるんだけど、なかなか開かない。

いつごろになるのかなあ。待ち遠しい。

去年はヒョウにやられてキズがついたけど、ことしは大丈夫です。

調布市野草園のキレンゲショウマもいっぱいつぼみを付けてます。


« スクナビコナはガガイモに乗って・・@野川公園 | トップページ | 国蝶オオムラサキが羽化@深大寺境内 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スクナビコナはガガイモに乗って・・@野川公園 | トップページ | 国蝶オオムラサキが羽化@深大寺境内 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30