フォト
無料ブログはココログ

« 約60年前に再発見された幻のアジサイ七段花@神代植物公園 | トップページ | 男も女もガキの方がマシ@あきれてものも言えないマチダ »

2015年6月16日 (火)

もやもやに包まれたいハグマノキとキジカクシ@神代植物公園

カシワバハグマ、キッコウハグマ、モミジハグマなんて植物もあります。

でも肝心のハグマがちゃんとは分かってない。

Img_4648_2

お坊さんが使う仏具でヤクの毛でつくった払子(ほっす)。

お坊さんが筆の先に毛がついたようなのを持ってたようなないような・・。

法事にいってもちゃんと聴いてませんのでねえ。

まあ、なんかもやっとした感じなんでしょう。

イメージしにくいので近ごろじゃスモークツリーの方が通りがいいようです。

すでに花は終わっていて、もやもやは花柄が糸状に伸びたもの。

花は小さくて目立たないので見てません。

ここにはピンクと赤の両方が植わってます。

中国、ヒマラヤなどに分布して日本には明治の末に渡来。


Img_4666

日本にだって似たようなのがあります。

雉が隠れるのに都合がいいというのでキジカクシ。

和製アスパラガスと呼ばれて茎が食べられます。

なのでアスパラガスの和名はオランダキジカクシ。

キジカクシを観察した博士によってアスパラガスの植栽が北海道で始まったんだって。

むかしは缶詰の白いアスパラガスしか食べたことがなかった。

珍しがって食卓に上ってたが、ちっともうまいと思わなかったなあ。


Img_4655_2

キクイモモドキです。

キクイモに似ているが地下に塊茎をつくらないのでもどき。

イヌキクイモは食用にならないのでイヌ。

イヌは野川公園自然観察園にあります。

イヌの方が背が高くなるかな。

キクイモはスーパーでも売ってるみたいで昨年いただいて味噌漬けにしました。

サラダに入れた人もいました。

イヌリンを豊富に含むので美容、健康食品としても注目されてるみたい。


« 約60年前に再発見された幻のアジサイ七段花@神代植物公園 | トップページ | 男も女もガキの方がマシ@あきれてものも言えないマチダ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 約60年前に再発見された幻のアジサイ七段花@神代植物公園 | トップページ | 男も女もガキの方がマシ@あきれてものも言えないマチダ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30