フォト
無料ブログはココログ

« なでしこジャパンみたいに踏ん張ってるハマナデシコ@植物多様性センター | トップページ | 得点の60%は岩清水の体の強さ@日本1−0オーストラリア »

2015年6月27日 (土)

口に入れないで正解でしたオニシバリの赤い実@調布市野草園

おいしそうな赤い実がすずなり。

Img_4854

つまんでみようかな。

頭をかすめましたが理性が好奇心を上回りました。

オニシバリって、こんなに真っ赤な実がつくの?

野川公園にもあるけど見たことないなあ。

調べたら雌雄異株で野川公園のは雄株だったんでしょう。

グミみたいでおいしそうですが、辛くて毒とか、とっても渋いとか。

見た目は食べられそうなんだけどなあ。

まだ未練が残ってます。


Img_4851

ギンバイソウ、銀梅草。

やたらと葉が大きくて花も変わった感じを受けるので、どこか惹かれる。

何が原因かと考えてたら、氷河時代の遺存植物と考えられてるんだって。

シベがあるのが花、ないのが装飾花。

花の方が目立つんだから装飾花をつける必要があるのかしら?

首をかしげたくなります。

山地の渓谷などで見られるが数が減ってきてるようです。

ギンバイカとかギンパイソウなんて似た名前がありますがまったく別です。


Img_4859

セッコクなどと同じ着生ランですが鉢植えで楽しませてくれてます。

沖縄名護市の名護岳で発見されたのでナゴラン。

環境省のレッドデータブックで絶滅危惧ⅠA類ですが、栽培技術が確立されたので園芸店などでも売られてます。

すっきりした香りもあるようですが、またまた確認を怠りました。

沖縄の山ってまったく知らないな。

名護岳は高さ342・5㍍、ファミリー向けのコースなんだって。

眺望もいいようなので機会があったら登ってみたいな。


« なでしこジャパンみたいに踏ん張ってるハマナデシコ@植物多様性センター | トップページ | 得点の60%は岩清水の体の強さ@日本1−0オーストラリア »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

オニシバリが雌雄異株だったなんて知らなかったなあ。
最近、理性が好奇心に負けがちな身にとって、この実の情報は有り難いです。
でもオニシバリかどうかどうやって見分けよう。

ぽちさん。食べた人もいるみたいですよ。味がしなくておいしくなかったみたいです。

この時期、ウグイスカグラは終わってるし、秋に熟す実には大分早い。季節で見分けるというのはどうですか。

知っていたら理性といえるけど、知らなかったんだから理性じゃないでしょ。本能かな。

戸塚の純ちゃん。
鋭い突っ込みをありがとう。あだや1字1句もおろそかにできませんね。

きれいなバラにはトゲがある、なんでも食べては行けないーー危険を察知する経験値は理性のうちではないでしょうか。

ナゴラン、久々に見ました。

数年前に樹脂粘土で小さな花を作るのにハマリ、ナゴランも作ったのです。当時いろいろ調べたのを思い出しました。
名護では絶滅したのが、なぜか隠岐の島(島根県)に自生しているとか。どうやってこんな離島にたどり着いたのか???

先生が買ってこられた鉢植えを見ながら作ったのがなつかしいです。
園芸種が手に入るので、まあよかったかな…ですが、かわいいとなんでも欲しがる人がいるから、名護の人たちも採ったら売れるので採り尽くしてしまったのでしょう。
欲(物欲、金銭欲…)の前では、理性なんてどこへやら。

山の花は山で見るからいいのに。

やまけいさん。いろいろな趣味をお持ちですね。樹脂粘土でつくった花ってどんな感じなんだろう。蜜標のところなんかは色違い粘土を組み合わせていくんですか。

隠岐の島の分布、対馬海流が影響してるんでしょうが、タネが運ばれたのか、その昔、陸続きだったころのが生き残ったのか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なでしこジャパンみたいに踏ん張ってるハマナデシコ@植物多様性センター | トップページ | 得点の60%は岩清水の体の強さ@日本1−0オーストラリア »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31