フォト
無料ブログはココログ

« リンゴの香りがするバラがあるぞ@十六夜バラを見に行く会・神代植物公園 | トップページ | セッコクが咲いてるよ@神代植物公園 »

2015年5月17日 (日)

浦和がハリル絶賛の強烈プレスで完勝@マチダも拍手パチパチ

浦和の強さが本物になってきました。

レッズファンもそろそろその気になっていいようです。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも激賞してます。

     shoe    shoe    shoe


浦和4-1FC東京 浦和完勝です。

スポニチに出ていたようにハリル代表監督が激賞した強烈プレスは立ち上がりから東京の戦闘能力を奪いました。

素早い寄せはもちろん、相手への密着具合が半歩以上狭まっているようでした(実際測ったわけではありませんが)。

体に触れるくらい詰められると苦しい態勢でしかボールを処理しなければなりません。

さらにボールを奪いに行く意識は徹底されていて、常に2人以上がマークに入っていました。

これだけ守りがしっかりしていれば攻めもリズムに乗ります。

前半5分興梠が受けて左の宇賀神に振ります。

トップスピードの宇賀神はためらうことなく斜め前にゴロで強いクロスを入れます。

これを予期していたように味方2人が飛び込み、李にジャストフィットしました。

footfoot

僕が勝手に名づけている川崎方式の得点パターンです。

川崎のレナトと大久保コンビが見せる高速アタック。

レナトはブラジル選手にしては異端で、個人技はあるのですがコチョコチョこねません。

相手をかわすととにかく前に突っ走り、とてつもなく強いクロスを斜め前に入れます。

大久保はただ一点を目指して走りこんでゴールする。

約束事はいろいろあるでしょうが、これが決まる時の川崎は調子がいいと僕は判断しています。

runrun


話を戻します。

浦和の興梠→宇賀神→李の得点が川崎のそれにダブって見えました。

相手にとって何かをするいとまがないので、防ぎようがないのです。

いきなり速攻がはまり、ますます調子に乗ります。

前半終了間際には興梠→宇賀神でまたしても左サイドを駆け上がります。

宇賀神は相手DFが中に寄り過ぎたのを見て取ると今度は高いボールで反対までセンタリング。

フリーで走りこんでいた関根が、丁寧に右足インサイドでゴールに流し込みました。

試合後のインタビューで「インステップは自信がなかったので」と語っていましたが、冷静な判断は20歳とは思ええないものです。

後半2分、東京の反撃意欲を簡単に削ぎます。

関根が右サイドを突破、ゴロで中に返すともう一人の武藤がニアに走り込みながらダイレクトで蹴りこみました。

スピードに乗った一撃でトドメです。

cancercancer

東京は全くいいところがなく右往左往。

唯一の攻撃ポイントである太田、武藤が封じ込められては勝負になりません。

前田のヘッドは焼け石。一矢を報いるのが精一杯。

前半に数本太田からセンタリングが上げられました。

しかし崩し切っていないので得点には結びつきません。

武藤もゴールの臭いがしたのはCKをフリーでヘディングした1本くらいだったでしょう。

浦和の相手からボールを奪い取る守備に比べて、相手の邪魔になればといった程度のアプローチではマイボールからのカウンターなんて所詮無理です。

消極的とも映る守備は依然、間合いが緩いせいです。

日本代表を5人も抱えているのに何故?

最近は堅い守りからの速攻反撃が主流です。

意識が変わらないうちはV争いも難しいでしょう。

libralibra

☆審判問題 前節、G大阪ー広島でガンバ・岩下の広島・清水に対する暴行問題は波紋を広げました。

岩下の行為は論外。

さらに、審判がその場面を見逃し、何のおとがめもありませんでした。

ラインズマンもいて暴行者が無罰は変です。

今節の浦和ー東京戦でも小競り合いがありました。

結局判定は何もなし。

更にG大阪ー川崎Fはもっとひどい。

後半、大久保が左サイドをドリブルで突破、完全に抜き去ったと思った瞬間DFが両手で引き倒しました。

フリーの状態になり得点の可能性も十分ありました。

ところが判定はイエローです。常識的にレッドでしょう。

つまり審判は"やり得"を認めたわけです。

何を基準にしたのでしょうか、あの主審は。

正しく激しいボディーチェックを見咎める前に汚いプレーには毅然とした対応をしないから、技術うんぬんを問われるのです。

この際、試合のパトロールVTRを導入すべきです。

2つの効果があります。

1つは審判の技術を判定して実力診断の参考にするため。

もう1つは隠れたファウル撲滅のため。

この時代、目だけで判定するのは選手のみならずサポーターも納得しませんよ。

大リーグ、テニス、だってアピールができるようになっています。

piscespisces

☆代表専用施設 幕張に"待望の"日本代表専用グラウンドができるとか。

手放しで喜んでいいものですかね。

なんで海岸近くなんでしょうか。特有の海風には手を焼きますよ。

野球のマリンスタジアムを視察したり、意見を聞いたりするのでしょうが、相手が自然ですからね。

インドアじゃないんだからサッカーボールだって大いに影響受けますよ。

それに雨でも加わったらお手上げでしょ。
                                                                             マチダ

« リンゴの香りがするバラがあるぞ@十六夜バラを見に行く会・神代植物公園 | トップページ | セッコクが咲いてるよ@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンゴの香りがするバラがあるぞ@十六夜バラを見に行く会・神代植物公園 | トップページ | セッコクが咲いてるよ@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30