フォト
無料ブログはココログ

« 卯の花が匂う季節ざんす・・なのでウツギのお勉強@植物多様性センター | トップページ | やっぱり澤・危機察知能力にマチダも感心しきり »

2015年5月24日 (日)

勝つには勝ったが臆病だった浦和@マチも首を傾げる

遠出をしてましてずっと新聞もテレビも接してませんでした。

おなじみA大サッカー部のマチダさん。腰が引けてた浦和と辛勝はしたものの辛口です。

    shoe   shoe    shoe

浦和2-1鹿島 こんな臆病な浦和見たことない。

立ち上がりから腰が引けているような戦いでした。

2人、3人で囲い込んでボールを奪い取るプレーは影をひそめ、間合いの詰め方も甘いものでした。

あれではかさにかかったイケイケ戦法のリズムが出ません。

連勝が負けられないという硬さを生んだのか、鹿島の攻撃力を恐れたのか、とにかく消極的。

後半スイッチを入れてくるのかと思ったら変わらず、22分にはO・Gで先手を取られます。

森脇のヘディングは中途半端でした。

GKに取りやすくしようとしたのなら危険すぎる判断です。

おそらくタイミングが合わずきっちりクリアできなかったのだと思われます。

見た目にはそれほど難しい(DFとして)ボールに見えませんでした。

このままなら負けです。

ここからやっとエンジン点火。

26分、中盤で激しくボールを奪うと右サイドへ。

途中出場のズラタンが折り返し、浦和の武藤で追いつきます。

やっと浦和らしくなった38分、再び中盤で奪い、森脇が名誉挽回のスルーパスを関根へ。

売り出し中の20歳は、鋭くDFをかわしてゴールへ叩き込みました。

無敗を12に伸ばしたのは実力です。

ただ、窮地に陥るまでもたついたのはいただけません。

Vへの修正点でしょう。

runrun


鹿島はシュート数で上回りながら、1発も自力で決められませんでした。

巧いのですが、相手に対する厳しさが足りないのでしょう。

もう少しコンタクトなプレーが求められます。

パスワークだけでは今後も苦しくなります。

footfoot


FC東京0-1名古屋 武藤も苦しんでいます。

マークが厳しくなれば当然です。

点がほしい。そんなとき太田からゴール前に絶好のクロスが入りました。

ところが意識過剰で力んだせいかジャストミートできませんでした。

東京は2人のホットラインが封じ込まれるととたんに苦しくなります。


得点パターンを増やさない事には、喘ぐ試合が続きます。

cancercancer


川崎3-2鳥栖 杉本が2得点。五輪以降存在感が薄れ、川崎に移籍。

ここへきてやっと輝きを取り戻しつつあるようです。

代表候補合宿に呼ばれたことも刺激になっているとか。

背が高いし、能力があることは実証されています。

大化けのチャンスかもしれません。


※ACL その気になればやれるじゃないですか。

G大阪、柏に拍手です。
                                                                        マチダ

« 卯の花が匂う季節ざんす・・なのでウツギのお勉強@植物多様性センター | トップページ | やっぱり澤・危機察知能力にマチダも感心しきり »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 卯の花が匂う季節ざんす・・なのでウツギのお勉強@植物多様性センター | トップページ | やっぱり澤・危機察知能力にマチダも感心しきり »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30