フォト
無料ブログはココログ

« 芸術品だねコアジサイと最も美しいバラ@多様性センターと神代本園 | トップページ | センダンの花の色が好みです@野川公園 »

2015年5月14日 (木)

ホントだカレーの匂いがするツリガネカズラ@神代植物公園ほか

ボランティアさんが黒板に手書きした開花情報が置かれている。

公園も情報を出しているがアバウトで情報は遅れ気味。

その点、ボランティアさんは、さすがにこまめにチェックしているので大助かり。

Img_4154_2

なになに・・ツリガネカズラ?

知らないなあ。どこにあるんだろう?

ボランティアのおばちゃんに尋ねます。

「一緒に行きましょうか」うれしいね。

生け垣見本園でした。バラ園とオールドローズの間の細長い一帯。

「カレーの匂いがするんですよ。なので加齢臭」

おばちゃん、自分で言って苦笑してました。

どれどれ・・花もそうだけど確かにカレーの匂いです。

チョコレートの匂いもするかな。

別名がカレーバイン。

キク科のカレープラント、ミカン科のオオバゲッキツもカレー(カレーの木)の匂いがします。

オオバゲッキツの葉はカレーリーフと呼ばれ香りづけに使われます。


Img_4064

よく見かけるが名前を知らない外来植物。

コメツブツメクサじゃないのは花を見れば分かります。

植物多様性センターの職員さんに訊いたらクスダマツメクサ。

こりゃ覚えやすい。

ちゃんと認識してないけどコメツブウマゴヤシに似てるなあ。

どちらも丸い花をしてる。

葉より上に花をつけるのがクスダマだそうです。


Img_4075

こちらは多磨霊園で撮ったブタナ。

おフランスじゃ豚のサラダSalade de porc 。

ひと様は食べないので豚に与えておけという意味でしょうか。

それにしてもブタナはないよな。

タンポポに似てますが花茎が長くて50㌢にもなる。

それに花茎が分岐して複数の頭花をつけるのですぐに分かります。

タンポポの茎は分かれませんよね。

昭和の初めに北海道で確認された。

     pencil   pencil    pencil

ところでなぜ英語では動物の名が料理に使われると変化するのでしょうか。

たとえばオックス(カウ)がビーフに、シープがマトン、ピッグがポーク。

1077年、イギリスはノルマンディーの領土になり、長らくフランスに支配された。

宮廷や教会での英語使用は禁止され、その影響が及んだのだ。

なので英語話者が世話をする家畜は古英語以来の呼び方。

仏語話者が食べる時はフランス語。

「イギリス人は働き、フランス人は食べた」(「英語の冒険」メルヴィン・ブラッグ著、講談社学術文庫)

というわけです。


« 芸術品だねコアジサイと最も美しいバラ@多様性センターと神代本園 | トップページ | センダンの花の色が好みです@野川公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術品だねコアジサイと最も美しいバラ@多様性センターと神代本園 | トップページ | センダンの花の色が好みです@野川公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31