フォト
無料ブログはココログ

« 勝つには勝ったが臆病だった浦和@マチも首を傾げる | トップページ | 葯をしまうポケットがあるカルミアの不思議な仕掛け@神代植物公園 »

2015年5月25日 (月)

やっぱり澤・危機察知能力にマチダも感心しきり

おなじみA大サッカー部OBマチダさん。澤の攻守にわたる活躍に拍手を惜しみません。

     sun   shoe   shoe

日本1-0ニュージーランド 


持っているなんていうもんじゃないですね澤は。

彼女の勝負勘は一体どうなっているんでしょう。

おそらく試合中にピッチを俯瞰して見られるのではないでしょうか。

脳内ドローンでもあるとしか思えません。

得点感覚ももちろんですが、澤が澤たるゆえんは、やはり危機察知能力でしょう。


よーく見ていると、大きなピンチにつながらないような場合は相手を案外フリーにしています。

ところが危険を察知するとスイッチが入り、とんでもない場所からでも追いかけていきます。

パスコースも見えていて、決定的な場面では体を投げ出してきっちり防ぎます。


他の選手も、もっとスライディングタックルでボールを奪う感覚を思い出してほしい。

せっかくビデオまで見たんだから。

前回W杯でもなでしこの得意技になっていたじゃあないですか。

footfoot


GK山根。1㍍87の身長は国際規格です。

以前に比べれば随分キャッチングも上達しています。

しかし、前に出てジャンプするタイミングが良くありません。

最高到達点でのプレーにまだ難があります。

後半のあわやの場面はミスパンチが原因です。

runrun


攻撃では大儀見が馴染んでいないようでした。

もっと勝負させる使い方をしないと生きてきません。

チームプレー、パスサッカーが基本戦略とはいえ彼女の得点力は欠かせません。

もう一手早く縦パスを出すべきです。

横への手間が多すぎました。一時はフィットしているようだったのに、何か変化したのでしょうか。

あのままだと前回と同様、使えなくなる可能性が出てきます。

日本選手にしては個人で勝負できるストライカーなのにもったいない。


それにしても代わり映えしないメンツです。

層が薄という問題を解決するためのエリート教育は、まだ軌道に乗っていないようです。
                                                                        マチダ

« 勝つには勝ったが臆病だった浦和@マチも首を傾げる | トップページ | 葯をしまうポケットがあるカルミアの不思議な仕掛け@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝つには勝ったが臆病だった浦和@マチも首を傾げる | トップページ | 葯をしまうポケットがあるカルミアの不思議な仕掛け@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30