フォト
無料ブログはココログ

« ミズバショウの仲間だよカラスビシャク@神代植物公園 | トップページ | 花も釣り下がってるツリバナ&ハコネウツギの色が変わるわけ@植物多様性センター »

2015年5月 7日 (木)

鹿島はチーム全体が困惑してる・ACL敗退にマチダが指摘

私もひょっとしたら鹿島が勝って決勝トーナメント進出を決めるのではと淡い期待を抱いてました。

ガンバは勝ったけど鹿島はチームの現状を反映して敗退。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは監督のコーチングにも問題ありと指摘します。

     shoe    shoe    shoe


鹿島2-3FCソウル 鹿島がACLグループリーグで敗退です。

ひょっとして突破するのではと期待していたのですが…。

なんでもセットプレーから2失点。

試合後セレーゾ監督は「セットプレーで体を張ることを嫌がっていたら話にならない」とカンカンだったそうです。

でも体をぶつけ合うことの重要性を叩き込まなかった監督の責任でもあります。

最近の日本サッカーは、ようやく球際の強さや激しいチャージ、ハードワークの必要性が叫ばれ出しました。

もう技術だけでは勝てなくなっています。

おそらく鹿島の選手もそのことは承知しているはずです。

しかし自分たちが10と思っていることが、実際は7程度でしかないことに気付いていないのではないでしょうか。

今季の失点の多さはその辺りに原因があるようです。

runrun


もともと大人の雰囲気のあるチーム。

技術もしっかりしていてパスワークで何度も頂点に立ちました。

ただ、こういうチームの弱点は、激しさにかけることです。

無理しなくてもコンビネーションだけで交わせたからです。

それだけ相手のチャージも緩かったとも言えます。

W杯以前から世界は縦を意識したプレーが主流になっていました。

日本も惨敗を喫して、遅ればせながら改革に着手し出しました。

鹿島サッカーは少し乗り遅れたようです。

柴崎という逸材を擁しながらチーム全体が困惑しているのではないでしょうか。

それなのに今に合った戦術ができないのは、やはり監督のコーチングに問題があるからではないでしょうか。

ACLグループ敗退、Jリーグの不振は選手ばかりが悪いわけではありませんよ。

footfoot


清水2-2鳥栖 鹿島に似たようなチームが清水です。

6日は鳥栖と2-2で引き分けました。

勝つチャンスは十分ありました。

ところが前線へロングフィードされたボールをキープするのはいいのですが、他の選手が誰もフォローにいかないのです。

というか追いつかず、お任せ状態。

上がってくるまで時間がかかるので結局、おいしいパスコースは閉ざされてしまいます。

長い距離を走り込むのは1人より2人、2人より3人の方がいいに決まっています。

このチームもかつては清水のパスゲームと揶揄されたくらい、得点よりパスをつなぐことに酔いしれていました。

シュートすればいいのに一手間かけるなんてざらでした。

また良しとされていた節もあります。

そんな自己満足な時代はとうに終わっています。

昨季は陥落ぎりぎり。今期も今のところブービー。

要は全員でのハードワークが足りないからです。

松本を見習うべきです。

かつてサッカー王国なんて呼ばれていただけに、静岡におけるサッカー選手は市民から甘やかされています。

サポーターももっと厳しい目を向けるよう進化しないとこのチームは立ち直れません。

まあ、1度J2に落ちてみることですね。

静岡にトップチームがいなくなるほどの屈辱を味わわないと共に気が付かないかも。

磐田も苦しんでいるでしょう?

sagittariussagittarius


仙台2ー3FC東京 太田の左足と武藤の馬力がマッチしています。

いいですねえ後半7分、武藤の2点目。

左から切れ込んだ太田の返しをDFが詰めてきているのにダイレクトで狙ったあたり、よく読めています。

大抵の選手はあそこで一旦持ち直ししますよ。

マチダ

« ミズバショウの仲間だよカラスビシャク@神代植物公園 | トップページ | 花も釣り下がってるツリバナ&ハコネウツギの色が変わるわけ@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミズバショウの仲間だよカラスビシャク@神代植物公園 | トップページ | 花も釣り下がってるツリバナ&ハコネウツギの色が変わるわけ@植物多様性センター »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30