フォト
無料ブログはココログ

« すごいよ・びっくりのオキナグサ群生地@神成山・群馬県富岡市 | トップページ | 「地質の宝庫」なんだって・地学もお勉強@下仁田ジオパーク »

2015年4月 9日 (木)

こんなところに由緒ある神社が・宇芸神社@神成山ハイキング(群馬県富岡市)

寄り道していこうか。なんか気になるんです。

下山してから神成山のふもとを神農原(かのはら)駅方面に戻ります。

Img_3355

神の山に神の原・・よほど昔から聖なる土地だったと思われます。

数百㍍の長い参道があって宇芸(うげ)神社は山の中腹に建てられてます。

境内には樹齢300年余というムクロジの大木。

高さ14㍍、目通り周は3・95㍍。

急な階段の途中に建物が。

手すりにつかまりながら上るとそこは神楽殿。

拝殿はまだ先です。

宇芸神社です。なんと延喜式(927年制定)の神名帳に記載されてるんです。

ということはそれ以前の創建ということです。


Img_3331

もとは神成山の峰にあったようです。

小休止しましたもん。

旧宇芸神社跡山頂と標識が立ってました。

祀られているのは倉稲魂神(うかのみたまのかみ)。

「うか」は御饌(みけ)で、食べ物を司る女神です。

だれに食事を供えていたのかというと、どうも貫前(ぬきさき)神社のようです。

全国的には有名ではないですが上野国の一の宮です。

正式名称は一宮貫前神社。上信電鉄で製糸場のある上州富岡の次が上州一ノ宮です。

神成山の北側になります。

Img_3358


赤城の神を押しのけて一の宮になったんですから実力があったんでしょう。

このあたりから鏑川(かぶらがわ)上流は荒船山まで甘楽(かんら)郡。

「からの郡」「からの川」と考えられ、新羅系渡来人が移住して織物技術などを伝えたところ。

神殿には細かい彫刻がされてます。

年代を経ているので覆屋が建てられて保護されてます。

上野国で延喜式に記載されているのは12社。

貫前神社、赤城神社、伊加保神社が、格式の高い名神(みょうじん)大社。

宇芸神社は小社でどうやら順序は12番目のようだ。

ただ貫前神社は本来、男女の2柱を祀っていた。

姉神を祀ったのが宇芸神社とする説もある。


Img_3362

摂社、末社も祀られてますが、ごらんの通り。

風雪にさらされて、お参りする人も少ないようです。

もう神様の名前も分からなくなっています。

寄り道してよかった。式内社にお参りできたんですから。

また戻って南蛇井駅に向かいます。

びっくりのオキナグサ群生については、こちらに書きました。

    aries   aries   aries

富岡製糸場が世界遺産に登録されてよかったのは駅のトイレ。

上信電鉄のどこの駅もきれいになってました。

まだ早いので電車で下仁田に向かいます。


« すごいよ・びっくりのオキナグサ群生地@神成山・群馬県富岡市 | トップページ | 「地質の宝庫」なんだって・地学もお勉強@下仁田ジオパーク »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すごいよ・びっくりのオキナグサ群生地@神成山・群馬県富岡市 | トップページ | 「地質の宝庫」なんだって・地学もお勉強@下仁田ジオパーク »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31